【REBECCA】87年発売のアルバムを買って思うこと

この記事は約3分で読めます。

令和でも聞ける音源

80年代後半が青春時代だった人にとってレベッカとは懐メロです。

わたしは数年前、約30年ぶりにREBECCAを聴くのを再開し、YouTubeで過去の映像を観たりと、その良さにハマっています。きっとそんな人もいることでしょう。

そして、どうしてもまた聴きたくて気になっていたアルバムが『REMIX REBECCA』です。

72年生にとって『REMIX REBECCA』が発売された年とは?

リミックスREBECCA

『REMIX REBECCA』の発売日は、1987/5/31/です。この記事を書いた今現在(令和元年)から32年も前でした。

ちなみに、同年87/11/28/に6thアルバム『Poison』が発売されています。シングル『Moon』が収録されているアルバムのこと。「先輩」の言葉で有名でしたね。(/_;)

そして私達72年生にとって87年(昭和62年)とは、15歳の中学3年生。

ちなみに、ボーカルのNOKKOさんの当時の年齢は24歳。デビューしたのは84年で21歳。72年生はといえば、小学6年生でしたね。

『ハイレゾ』発売当時の音源か?それとも最新版がイイ?

今回中古で買ったこのアルバムは87年当時のもの。規格品番=32DH-662(CD)です。その後、1994年に再発。続いて2013年に再発しています。

そして今後注目したいのが”ハイレゾ音源”という、テクノロジーを使った再発盤です。

まずハイレゾの意味を簡単に説明しますと、「録音した当時、CDには入りきれなかった音を入れる技術」のこと。

音圧・奥行き・アーティストの息づかい・空気感を表現できること。スタジオやホールなどで録音された音源が、ほぼ忠実に再現できるそうですよ。

ハイレゾ音源は『REBECCA –revive-』“フレンズ”と“Raspberry Dream”のリミックスヴァージョンが2015年に発売されています。

ちなみに、このCDを手掛けたのは、NOKKOの旦那様のGoh Hotodaさんでした。プロデューサーと”恋に落ちたら”になったのですね。(*´∀`*)

手に掴めて目に見える物がイイに決まってる

そんな中、なぜ当時のものにこだわったのか?と言うと、やはり出来るだけ当時を味わいたかったからでした。

あんたにその違いが分かるのか?と言われてもお応えしようが無いけれど、思い入れのために買ったので、そこはこだわってみましたよ。(*´∀`)

なので、音源のダウンロードやストリーミングではなく、CDを買ったのも、同じ理由があるからです。CDならジャケットも見れるし、所持している感もありますしね。

もし100歳まで生きていて、CDを再生する装置があったとしたら、「あぁ、これはわしが中3のときのREBECCAだ」と懐かしむことも出来ちゃいます。

1987年の日本の出来事

社会・流行

  • 書籍『サラダ記念日』
  • 国鉄が分割・民営化され、JRグループ7社が発足
  • 銀座で1坪1億円を突破
  • ボディコン大流行
  • ケミカルウォシュジーンズ
  • アメカジ・ブーム
  • NTT携帯電話サービス開始
  • PCエンジン(NEC)家庭用ゲーム機
  • 地上げ屋・バブル時代
  • 俳優・石原裕次郎が死去

1987(昭和62年)ヒットしたもの

■邦楽

  1. 位『命くれない』瀬川瑛子
  2. 位『TANGO NOIR』中森明菜
  3. 位『雪国』吉幾三

■洋画

  1. 位『トップガン』
  2. 位『アンタッチャブル』
  3. 位『プラトーン』

■高視聴率

  1. 位『男女7人秋物語』
  2. 位『ママはアイドル』
  3. 位『パパはニュースキャスター』

情報元年代流行

おわりに

CDは新品同様でした。最新鋭研磨機をつかって磨いてあるそうです。ケースも新品に交換してありました。

まだ自分が持っていないREBECCAのアルバムをまた買うつもりです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました