革財布を買って7年4ヶ月。「お手入れ」と「使い分け」で新品を維持

この記事は約4分で読めます。

一生物に

この財布は2014年2月に購入。

あれから7年4ヶ月経過。そんなに経ったのかと今調べて驚きました。

財布の稼働率はおそらく月に3回程度。使用感も無く綺麗です。

財布をTPOに分けて大事に使えば一生物になりそうです。

季節の変わり目に革財布のお手入れをして長持ちさせましょう。

梅雨の前の雨対策です。

▼関連記事

財布にこだわった結果「金運アップ」したの?購入から3年たった44歳の変化

財布にこだわった結果「金運アップ」したの?購入から3年たった44歳の変化

革財布の長持ちにレザートリートメントで定期お手入れ

ラナパーレザートリートメントを使ってのお手入れです。

手が油でベタつきます。カメラのレンズなど油をつけたくない物を触らない様に注意してください。

中もしっかり塗り込みましょう。使い込めば飴色に変わります。

でもこの財布は札束を使う様なお出かけでしか使いませんでした。なので使用感は低いです。

仕事で使う財布は小銭入れにしているので至って綺麗です。

お手入れ後

画像ではわかりにくいかと思いますが、塗りたてはきらびやか。美味しそうな風合いに変わります。

わたしの場合、油を塗った後は財布のファスナーを開き、ファスナー部を下に置き、立てた状態にて数日間乾燥させています。

財布を直ぐに使う用事が無いときのお手入れが無難です。

見る角度で光加減に変化

見る角度や室内屋外、天候によって全くちがう顔がを見せてくれます。

本当に不思議ですね。

当然塗り込んだ油が乾けば変わります。

ビフォー・アフター

▼お手入れ前

▼お手入れ後

しっとり感で革の保護とツヤだし。

革は生き物でなく、代謝することはありません。

だから人の肌と同じ様に、定期的なスキンケアが必要なのです。

新品の形を変えたくないPOINT

■持ち運ぶときに気をつけたいこと

  • お尻のポケットには入れない
  • 必ずバッグなどに入れて持ち歩く
  • お尻のポケットに入れるなら絶対に座らない様にする

大事に使えば買い換えることもありません。

それこそ金UPではないでしょか。


おわりに

これからも大事に使います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました