心理学

スピリチュアル

なぜ嫌なことが起こるのか。なぜ望む結果がでないのか

本当は、「こうした方がイイんだよね・・」と分かっていることがあったとしても、つい楽な方に流されてしまうのが人と言うもの。 今回は、わたしが思うクソ真面目な話に、しばし付き合ってみてやって...
エッセイ

この世は運動会の玉入れだ

「理不尽」や「平等」の基準とは、人ぞれぞれ違うと思います。 何が正解か、はたまた正解はあるのでしょうか。客観的に見て、考えてみてください。 同じことをやっていても人それぞれ思惑は違う ...
スピリチュアル

上司の代役で同僚と関わる時に役立つ考え方も○○の法則だった

人が何人か集まって何かを成し遂げるとき、上手く回るように「何か」をつくるもの。その中の1つがリーダーです。 「船頭多くして船山に登る」俺も私も、個人が勝手に動いたら、目的地にはつ...
きまぐれ読書録

「他人の不幸が嬉しい」感情は正しいストレス解消なのか?

「恨んだ相手が不幸になるのは嬉しいのはしょーがない」ってことについて書いています。 ■参考書籍 著書:正しい恨みの晴らし方 科学で読み解くネガティブ感情 著者:中野信子 ...
2020.06.23
きまぐれ読書録

無難な生き方に革命を!それは才能が目覚める予兆だった?

普通でいることがきゅうくであることに気づき、怒りを表現することがあります。 「でもやっぱりこれは間違っている」って思い直し、また元の状態にもどってしまう。そんなことのくり返しはお...
きまぐれ読書録

内向的な性格なのに外交的なふりをする人に読んで欲しい書籍

「ストレスを操る」的なタイトルだったので「ポジティブになれ」的なアドバイスとリラックス法についての本だと思って買いました。 ところが嬉しい誤算となったのは内向的な私むけの内容だったからで...
2020.06.23
きまぐれ読書録

「心理学で解説」大事な時期なのに、ついダメな行動をやってしまう私

何かを成功させたい事情とは誰にでもあることです。 本番前、まだ時間はあります。ぼーっとしている暇はありません。 ところが不可解な行動をする人がいます。 肝心な場面が近づいているのに、...
心理学

性格が悪い自分がイヤな人は「3つの部分」のせいと知れば楽になる

相手によって対処がちがってしまう 人を選んで付き合ってしまう 昔は明るかったのに今は引っ込み思案 「何で自分が思い描く性格にはなれないのだろうか」と自分をせめてし...
2018.02.20
心理学

なぜか不機嫌な人のあつかい方。子供には大人になるしかない?

なぜか不機嫌な人といっても様々です。 あなたに原因がある無しに関わらず、その行動が対象者を不機嫌にさせている場合があるかも知れません。 そんなこと言われても別に本人として自覚はない...
エッセイ

車をあおる心境はなぜ?身勝手の極意に対し、あの戦士が言及

車を運転する人どうしのトラブルが後を絶たちません。人を傷つけてしまう犯罪は絶対にしてはいけない対処法です。 とはいえ、怒る人の気持ちはドライバーなら誰だって分かるものです...
タイトルとURLをコピーしました