MacBookAirをネットで注文。どんな梱包で配送される?

この記事は約3分で読めます。

MacBookAirをネットで買ったけど、どんな梱包で配達されるのか気になる人へ。

中の商品を取り出した画像も合わせてお伝えします。

中身が何なのか?分からないから大丈夫

上の画像を見ての通り、箱の中身はわかりません。

リチウム電池の表示があるので、PCだとは分かりそうですね。

なのでMacBookAirだとは分からない様な梱包で配送されて来ます。

そして箱を持った最初の印象は、ズッシリとしたその重さ。

エアーというので「軽いのかな」と思いきや以外でした。

宅急便の責任限度額は30万円

dav

MacBookAirはカスタムしたので約14万円でしたが、

「宅急便の責任限度額は30万円です。」の表示には驚きです。

実は自宅に届けてくれたドライバーさんが、荷物を丁重にあつかってるのが分かりました。

もしかしたらこれが理由かも。

わたしはドライバーの経験者なので事情はお察しします。

箱の中を開けてみよう

せっかくなので箱の中身を開封。

ワクワク

ビニールカバーを、はがしやすい仕組みになっていた。

ハサミやカッターは不要。

じゃじゃーん。

箱を開けての印象は、箱の底とフタがジャストフィット。気密性が高いこと。

箱に空気が入る隙間がほぼありません。フタをぬくのに力がいります。

底を持たずに上のフタだけで持ち上げても中身がずり落ちることは無いでしょう。

カラーは少し迷ったけどシルバーに。

自身初のApple製品ということで、先ずは定番から。

付属品は3つ。

充電器とケーブルと取説。

取説はほぼ英語表記。最後の数ページだけ日本語。

コードの材質も太く、明らかに良さげです。

過去に使ったあらゆる電化製品のケーブルとは違う印象。

裏側はこんな感じ。

電源を入れてノートを開けた印象は、

アルミ製というだけに、フタが冷た、くしっかり閉じてある感。

磁石でくっついてんじゃねぇ?と思うくらいピッタリ。

開けにくいからPCがズリ動く。つるつるしたテーブルだと滑り止めは必要だ。

そして画面には紙のカバーが。

画面保護フィルムやキーボードカバーをどうするか迷ったけど、

色々考えた結果、今のところはそのまま使うことに。

何とか開通。

商品に破損も無く、しっかり梱包されてました。

おわりに

Macが届いてから本日で10日。

届いて直ぐこの記事を書くつもりで画像を撮りましたが、Windowsとのちがいに悪戦苦闘。

とにかく画像の処理方法を色々模索。何とか自分なりのやり方を探せました。

まだまだ分からないことだらけ。

初Macの人は操作のちがいに戸惑うことでしょうが健闘を祈ります。

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました