【M1Mac対応】充電式マウスを使って思うこと3つ

この記事は約5分で読めます。

先日MacBookAirを買った時、あわせてマウスも買いました。

いままでと違うタイプの商品だったので、実際に使った感想と、

選んだ個人的な基準についての内容です。

▼実際にマウスを使って思うこと。

【はじめてのMac】マウスは必要なかった

まずはマウスを紹介

今回買ったマウスはコレ。

「Satechi アルミニウム M1 Bluetooth ワイヤレス マウス 充電 Type-Cポート」

色があるのでお忘れなく。

▼わたしは何も考えずにスペースグレイをポチってしまった。でも嫌いじゃない。

1. 選んだ理由

買うにいたった理由を箇条書きで紹介。

  • M1Mac対応だから
  • Macと同じアルミ製で統一感を出す
  • Bluetoothワイヤレス
  • 充電式
  • 平らな(高さが低い)フォルム
  • 色が気に入った
  • 低価格帯

などが主な理由。

取説によると対応はM1Macだけじゃない。2013年〜MacOSや、Windows8〜にも対応するらしい。

このマウスを選んだ最大の理由は、あろうことか、オシャレだから。

そんな理由があってもいいよね。

実はつい最近までわたしは、見た目よりあえてスペック重視だった。

それが最近パラダイムシフトを体験して考え方が、若かりし頃に戻りつつある。

頭じゃなく、心(インスピレーション)による判断。

使い勝手が大事なのはわかる。恐らくPCの最後のときまでずっと使うと思うから。

けど例えクセがあっても、いずれ慣れる。

だったら今の自分の好きな気持ちを優先させてもイイと思った。なぜならブログを書くモチベが上がるから。

これ。大事ね。

多少性格悪くても「好きだから・・」の方が幸せ。妙に納得できるのと同じ。

たとえ多少運転しずらく燃費が悪い車でも、自分が気に入った方がワクワクするよね。

そしてわたしが今まで使ってたマウスは全部電池式。

「また電池切れ?」と思う度に何だか損した気持ちになった。

交換する頻度こそ少ないが意外とストレス。

けど充電式なら新たに電池を買いに行ったり、捨てる面倒がない。それにバッテリー式も体験したかった。

そして前に使ってたマウスを操作すると、腱鞘炎ではないが痛みがあった。

色々調べたら人間工学的にみるとマウスの高さも関係するらしい。

なので平らで高さがないフォルムが欲しかった。

この辺りが買うことを決めた理由かな。

2. マウスのロールボタンに悲痛

まず初めてこのマウスを使った時の第一印象は、マウスのロールボタンのストレス。

画面をスクロールするときは、丸いホィールを指でくるくる転がすよね。

その材質が恐らく金属製。

しかもスベリ止めとしてギザギザになっている。

それを素肌むき出しの指でコロコロするわけよ。痛いのなんの。

いまでは慣れたけど、当初は指先がこすれ、赤くなる始末。

このせいなのか証明はできないが、PCやスマホのタッチID(指紋認証)がエラーになるほど。

なので他の指認証を追加した。

季節も晩秋なので乾燥肌なのもあるかも知れない。

3. 重いから指から落ちることがある

この記事を書く今現在、マウスを使い始めて丁度2週間。第2のストレスは、

マウスが指からずり落ちることがたまにある。

理由は

  • そもそも重い
  • ラバーグリップが無い
  • マウスの持ち方(親指と小指で持つ)に問題がある

マウスを浮かせたときに、パタンッと落ちてしまう。

画面上での選択範囲が広いときや、カーソルを元の位置に戻して使うとき。

いままで落とすことが無かったのは、マウスを指で持つ部分にゴム製のスベリ止めがあったから。

それに対して今回はスベリ止めはない。

軽いプラスチック製や電池式とは違って金属パーツやバッテリーのせいか絶対的に重い。

なので自分のマウスの使い方を変えればいいと思う。

マウスをつかんで使うんじゃなく、軽く持ってすべらせて使っている。

すべるマウスパッドで助かった

そして同時に買ったマウスパッドの表面がつるつるとしたお陰で、丁度いい組み合わせになった。

少しオーバーな表現だけど、氷上の競技のカーリングの印象。

マジでよくすべってくれるから助かっている。

そしてレーザー式と光学式対応なのも見逃せないポイント。

▼エレコム マウスパッド レーザー&光学式マウス対応(ブラック) MP-113BK

充電ケーブルはType-Cポートじゃない

タイプCポートと書いておきながら、電気を取り込む先のUSBタイプはCポートじゃない。

なのでM1Macとマウスのケーブルはつなげない。

ハブを買うにも、今は資金不足で買う予定は無い。

仕方なくわたしは古いパソコンにて充電することにした。

まとめ

実際つかってみてオススメ出来るのか?というと、これは好みだと思う。

では、「もし時を戻せるとしたらまた同じマウスを買うのか?」というと、

一度使った記憶があるのなら買わないだろう。別のマウスを試したいという意味で、

レビューの☆をつけるあら、☆☆☆ってところかな。

「ぜひ紹介したい」とは思わないけど、「買って損した」とは思わない。

そうはいっても、この材質や色合いは高級感があって、Macのと相性は抜群でワクワクする。

やっぱり買ってよかったと思う。

以上。

おわりに

スペックも大事だけど、PCとの統一感も捨てがたい。

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました