【楽天Linkアプリ電話】地方の田舎での通話状況は20年遅れていた

この記事は約4分で読めます。

水の中

地方の都市部から離れた場所において「Rakuten UN-LIMIT VIプラン」+「楽天Linkアプリ」をつかった電話での通話状況は、会話が聞き取りにくいことがあります。

どんな理由があるのでしょう。

この記事は2021年6月現時点での話です。

Linkアプリで通話すると会話が途切れ気味なエリアがある

楽天Linkアプリをつかって電話をすると、言葉が途切れ途切れになることが何度もあり、よろしくありません。

20年前。通話中、水の中にでしゃべる様にモゴモゴして聞き取れない。仕方なく電話を切ることがありました。

車の走行中。山の中。トンネルの中などは通話が途切れることがふつうの時代。

まるでそんな20年前にタイムスリップしたかの様です。

『楽天でんわアプリ』は問題なかった

以前利用していた「楽天でんわ」の旧回線当時は、まったくストレスなく通話できました。

旧回線とは「ドコモ」か「au」どちらかの回線での通信です。

わたしは「ドコモ回線」でしたが、何のストレスもなくふつうに会話できました。

それに携帯画面の表示されているアンテナマークも常にマックス。

これはいったいどういうことなのでしょう。

パートナーエリアでの通信は「au回線」

楽天モバイルの旧回線から「Rakuten UN-LIMIT VI」にプラン変更すると楽天回線に移行します。

でもまだ基地局が少ないので楽天回線が使えないエリアがあります。

そんな場所でも通信できるように、パートナーエリアとして楽天はau社から回線を借りて通信範囲をカバーしています。

つまり今わたしが使う電波は楽天回線ではなくau回線。

もしかしたらau回線に問題があるといえそうです。

なぜならドコモ回線のときは普通に通話できたからです。

各回線状況

ピンク色が楽天回線。それ以外はまだパートナー回線です。

見ての通り、まだまだパートナー回線が多い状況です。

楽天エリアでも微妙

いまわたしが住む場所はパートナーエリアですが、勤務先は楽天エリアに変わった感じです。

通話中たまにですが、建物の中で話し声がモゴモゴ聴こえます。

それでも通話状況が常に悪い状況になる頻度が多いという分けではありません。

電話は仕事で必要なツールなので早く改善して欲しいです。

携帯のアンテナマークが1本だけ

たまにアンテナマークが減ることがあります。

けど直ぐにマックスに戻ります。

まだ電波は安定してません。

電話を使わない。Wi-Fi利用者にはお得なプラン

そうはいっても楽天モバイルは人によってはメリットあり。

Rakuten UN-LIMIT VIプランは、データ利用量に応じて料金が上がる仕組になっています。

  • あまり電話を使わない
  • 外で通信はテキスト
  • 動画は家のWi-Fi経由から

という人は、通信費を浮かせること出来そうです。

  • 1GBまで0円
  • 3GBまで980円
  • 20GBまで1980円
  • 無制限2980円

連絡手段がSNSで電話は使わない。家にWi-Fiがある人にはうってつけ。

実際に使ってみて

わたしの場合、外ではニュースやブログなどのテキストサイトや、Twitterアプリなど。

仕事中もちょくちょく触るので、通信時間はけっこう多い方だと認識しています。

ちなみに動画は一切観てません。

以下は月末27日の利用GB数です。

1GBは越えましたが、何とか3GBで収まりそうです。

いま3ヶ月無料プランということもあり利用制限はせず自由に通信しました。

今後に期待

楽天回線のエリア拡張は現在進行系なので改善されるのは時間の問題でしょう。

わたしはこの記事を書く1ヶ月前に契約しました。

そのとき回線を確認したときにまだ4G拡大エリアだった場所が楽天回線に代わりました。

実際わたしの住む場所が楽天回線に拡大するのは2021年秋以降と表示されています。

それまでの辛抱というところでしょうか。

▼通信・エリア

通信・エリア | 楽天モバイル
楽天モバイルの通信エリア(サービスエリア)を、地図や検索でご確認いただけます

おわりに

先日のこと、会社から自宅に電話がありました。

パートナーエリアということもあり、やっと話の内容を理解した次第です。

テレワークが当たり前の時代とは思えない通信クオリティー。

楽天回線の拡大は進んでいる様なので今後に期待です。

わたしはとにかく通信料を安くおさえることがテーマなので、いまは我慢して使うつもりです。

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました