【WordPress】「このブロックでエラーが発生したためプレビューできません」を解決した方法

この記事は約3分で読めます。

このブロックでエラーが発生したためプレイビューできません。

今回わたしは記事を書こうと、まずアイキャッチ画像を貼ろうとやってみら、この様なエラーになった。

ネット検索で得た情報を元にもがいてみたが、画像のアップだけエラーは直らず。

その方法はブラウザ(GoogleChrome)のキャッシュ消去。これで文字を打つことは可能に。けど画像はエラーのまま。

わたしが使用する画像系のプラグインといえば「EWWW Image Optimizer」しか無い。停止してみたが変化なし。

続いてサーバーの「.htaccess(ドットエイチティアクセス)」にデータを書き込む方法があったけど、素人としては躊躇。

最終的に改善した方法をシェアします。

WordPressを最新バージョンに更新する

色々もがいたが、結局はコレ。

WordPressを最新バージョンに更新したら正常に復活。

更新時の「プラグイン停止」について

ちなみに、WordPressの更新時にはバックアップを取ったり、プラグインを停止するのがセオリーになっている。

以前はわたしもそうやっていた。けどここ数年は自動更新されるのを待つ様になった。

今回の手動更新した時は、

  • Google XML Sitemaps

このプラグインはそのままに、他のプラグインを停止してバージョンアップした。

理由は、更新の際の再設定などがめんどくさいからだ。

プラグインを停止しなくても今の所、何の問題もない。

ブロックエディタ更新で「ツールバー」がうざいを解決

と同時に、ブロックエディタも仕様がデフォルトに戻るので、使いづらい人もいるかも知れない。

ツールバーが、文字を書く真上に表示されるので超うざい。

そんな時は設定(ギアマークの右隣りの3点)を開き「トップツールバー」をクリックで、レ点を付けるといい。

(下書き・プレイビュー・公開)と同じ階層に押し上げることができる。

ブロックエディタの不具合を推測

今回の原因を考えてみる。

ブラウザのキャッシュを消去してから、ブロックエディタを開いてみると、

ブロックエディタの使いはじめの時やバージョンアップしたときに表示される「使い方」の画面が表れた。

おそらくWordPressが以前の古いバージョンから今回更新した1つ前のバージョンに自動更新していたことにより、不具合が発生したと思える。

なのでわたしは、それよりも新しい最新バージョンに更新したら不具合を直すことが出来た。

もしWordPressを古いバージョンで使っているなら、最新の状態にするといいかも知れない。

おわりに

ネットで調べても改善しなかったり、ブログの裏側をイジるのが怖いことはあるものだ。

もし何をやってもダメな時は、

  • 「Classic Editor」で問題を先送りにする
  • しっかりバックアップを取ってから試行錯誤する
  • サーバーなどの専門家に相談する

この辺りになると思う。

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました