髪を短く切ったり、神社にお参りしたり、初めて白髪染めをした日

この記事は約3分で読めます。

2022/03/02(水)

この日は仕事がお休みだったので、チェーン展開するカットハウスへ髪を切りに行った。

今回はちょっと思うことがあり、いつもより短い髪型でイメチェン。

いつもは混雑が過ぎた午後2時を目指して行くのがルーティンだったが、待つ時間がもったいないことに気づき店に向かうことに。

客は一人しか居なく、スムーズに髪を切り終えた。

今回の店員のお姉えさんと妙に気があって、外では無口なわたしが、世間話に花を咲かせた。

髪をセットする方法など雑学をレクチャーしてもらい、得した気分。

わたしの若かりし頃は黒髪の時期もあるが、ブリーチにて茶髪主義な人。髪型にはポリシーがあった。

髪型が奇抜すぎて高校の卒業アルバムが撮影NGを出されたくらい。

昭和の後半〜平成の初期の頃、髪を突っ立てるのが流行っていた。茶髪もまだ一般化さてれない時代。

けど撮影の時だけ真面目くんになるくらいなら、それも仕方ないと意地を張った。

そんなアホはわたしの他に、もう1人いた。

けど担任が指定写真館と日時をこっそり教えてくれ、事なきを得た。でもわたしともう1人だけ他の生徒達と少し画質が違う・・

そんな思い出がある。

今回は人生初の白髪染めをしようと思い、近隣の繁華街に向かって車を走り出した。

途中、行きつけの神社があることを思い出し、お参りすることに。

わたしは自分の中で「何かの区切りと感じた時」や、「願い」や「目標が達成されたとき」は、お礼をしに行くことにしている。

今回は我が子の進路の希望が叶ったので、お賽銭は奮発して500円。

この神社はわたしがかつて住んでいた場所の近くにあるので、幼い娘とのお散歩ルートだった。

どこで白髪染めを買おうか考えながら車を走らせ、ついた先は得意のホームセンター。おっさんの憩いの場。

芝焼きバーナーやら鉢植えなどのお庭グッズを確認。

バーナーはカセットガス式と灯油式があった。どっちも一長一短。やはりネットよりも割高のようだ。

ホームセンターの敷地内にある大判焼きが気になっていたので、一つだけ購入。

実はわたしはこういった買い食い(間食)をほぼしない人。こういうのも悪くない。

家族はあんこを食べないのでお土産はなし。後でクリーム味があることに気づいたが、また今度。

毛染め薬だけを購入し家路に帰宅。

もちろん帰宅して直ぐに食べた分を、筋トレでエネルギーに変えた。

おわりに

見知らぬ他人の日記など面白くないかも知れないが、日記は「いつ・どこで・なにをした」行動のメモ代わりになる。

自己満もブログ継続には必要だと実感した。

もちろん(noindex)で。

ぜひお試しあれ。

日記
スポンサーリンク
よろしかったらシェアして下さい
72ログ

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました