ドラムパッドでドラミングを基礎から極めたい。でも金が無い時どうする?

この記事は約3分で読めます。

またドラミングに再チャレンジ。

ドラミングの練習に、必要なアイテムを揃えられない人も居るかと思う。

そんな状況でも、自分に出来ることを探してみる。

最低限必要な物と代用品についての記事です。

最低でもこれだけはそろえたいアイテム

本来、ドラム練習するのなら、ちゃんとした道具をそろえた方がいい。

でも人の財布や環境など事情は様々。

どうしてもドラムを用意できないことはあるものだ。

こればっかりは情熱だけではどうにもならない。

それでも最低限そろえたいのは、

  1. ドラムスティック
  2. ドラム練習パッド
  3. 教本

の3つ。

そしてもし余裕があるなら、スネアスタンドとドラムスローン(椅子)も必要なアイテム。

でも今回のわたしの様に、それすら手が届かない人も居ると思う。

だったら、家にある物で代用するしかない。

足りない器材は家にある物で代用すればいい

スネアスタンドとイスは、適した物を探して、実際に試してみる。

わたしは、折りためる椅子をスネアスタンド代わりに使い、普段ブログを書くときに座る椅子をドラムスローン代わりにした。

意外といける。

最初、ベッドの上に練習パッドを置き、床に正座して叩いた。

やっぱり足が疲れるので、何度も体勢を整えるので気が散ってしまう。

何だか、和太鼓で祭ばやしを叩く気分。

でも椅子に座って叩いたら、すっごくやりやすかった。

わたしは練習パッドを乗せたイスが低かったのと、消音も兼ねて、イスの下にマットを敷いて叩いた。

多少吸音されたので、パッドの音が微妙にミュートされた。

逆に自分が座るイスが低いなら座布団を敷くとか工夫すればいい。

そもそもドラミングは、どんな高さや角度でも叩ける様にした方がいいから、これはコレで悪くないと思う。

ドラム経験者なら分かると思うが、あっという間に一時間。時が経つのは早く感じた。

カラオケで盛り上がってる最中、制限時間を知らせるブザーが鳴ったとき、「え〜!もう終わり?」の心境。

そう言えば私が若かりし20代の頃。

カラオケ屋を出るとき、めちゃイケでエガちゃんが出てくる時に使われた、布袋さんの「スリル」を流して退場していた。ベビベビベイベイベー♪

椅子に座って練習パッドをヒザに乗せて叩くよりは断然いい。

上達に欠かせないもの

わたしは以前、練習パッドを自作した。

その後、市販の練習パッドを買って実際に叩いたら、やっぱり買ったパッドの方が叩きやすい。

それと、ただ闇雲に叩くよりも、レベルに合わせて段階が上がって行く教本もあるといいよね。

自己流だとどうしても自分の中の知識から出られない。

いまわたしが持ってる教本には、書かれた楽譜をQRコードで読み取ると、

その楽譜の叩き方をプレイする動画を観ることが出来る。

楽譜は紙だからネットが無い環境でも学べるから、外出先でやることが出来る。

わたしの様なギガをたくさん使えない人にはあると便利。

わたしは今まで、手足の組み合わせの練習ばかりで、ドラミングを厳かにしてきた。

どうしても、ちゃんと叩ける様になりたい欲は収まらない様だ。

マジトレとまではいかないが、時間はかかるかも知れないが、

コツコツ基礎を身に着けていこうと思う。

▼Arborea ドラムパッド トレーニングパット ドラム練習パッド 8インチ

▼ドラム練習パッド フレーズレシピ 490の打音集中トレーニングをドラミングに活かして劇的上達! [CD付]

おわりに

資金が足りない中での多趣味だと、お金の使いみちが、どうしても分散するのは仕方がない。

それに人生には優先順位がある。

自分なりの工夫をしてでも、熱いドラム愛を絶やさない様にしたい。

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました