植物の管理は自分の都合より優先

この記事は約2分で読めます。

植物の管理はその植物の特性を理解して、正しく利用することが肝心だ。

いまわたしは庭の一角をビフォア・アフター中。

理由は、「管理が楽な庭造り」へと方向転換することに決めたからだ。

草むしりに大事な時間を取られるのを避けるため。

自分が本当にやりたいことに気づいたからだ。

その手始めとして庭イジりの時間を減らすことにした。

バラの木3つとユリの球根を移植。ついでにバラの挿し木も追加

その計画は、先ずその一角に植えてある植物を全部取り出す。

次に「つる性」と「イネ科」の多年雑草を、強力な除草剤を使って根絶やしにする流れ。その後は検討中。

今日は午前中から、バラの移植に必要なアイテムをホームセンターに買いに行き、

帰宅後、さっそく庭に植えてある残りの3つのバラを掘り出して、その内の2つを鉢に植え替えた。

時間があったので、ついでにユリの球根も掘り出し、同じ様に鉢上げもした。

更に余分なバラの枝をカットした時に不要になった小枝を使い、バラの挿し木にも挑戦できた。

これで大きな植物の移植は完了。残りは花系の球根くらいだろう。

後でも出来ること。今しか出来ないこと

実は今日わたしは午後辺りに、髪の毛を切りに行くつもりでいた。

それは3月の来月に、我が子の卒業式があるからでもある。

少し早いが3月に入いれば恐らくお店は混雑すると思う。

そしてバラの移植に適した時期は休眠期の冬。

正確な時期は分からないが、今日は2月25日。もうすこしで3月がやって来る。

しかも昨日辺りから冬から春の気候になりつつある時期。

そして天気の具合もこの先どうなるのかは未知数。

更にわたしの勤務体制を考えると、今日がラストチャンスだと思った。

ずっと前から「今年こそは!」と考えていたが、遂に腹が決まった。

髪の毛は、切ろうと思えばいつでも切ることは可能。でもバラの移植は今しかない。

いくら人がブチ切れても、いくらお金を積んでも、いくらLOVE光線を発射しても植物には通用しない。

植物は人間の都合に合わせてはくれないが、植物の性質を利用すれば、言うことを聞いてくれる。

おわりに

本当に当たり前だけど、人の都合の良いように成長を待ってはくれない。

その植物の特性を理解して、うまく付き合っていくしかない。

『法則』に逆らわない生き方の先に幸せがある。

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました