日本人100年後の平均寿命は200歳?選ばれし者は再生医療全額控除で守られるのか

この記事は約5分で読めます。

滅亡を食い止める

「この世に永続的なものなどは無い」とは言うものの、どうにか残したいと考えるのが人間というものです。

 

神に逆らってまで手に入れたい永遠の命。そんなとき、どんな人が長く生きることを求められるのでしょう。

 

すべては、わたしの空想による記事になっています。

 

日本人は再生医療によって末永く暮らす未来がやって来る?

再生医療に注目が集まりTVでも話題になっています。

 

こわれた電化製品や車の部品をかえて復活するように、人も臓器などを新品に交換すれば長生きができるようになっていくそうです。

 

何にでもいえることですが、一般の人がごく普通にやれる様になるのには時間はかかります。最初はきっとお金持ちの人くらいしか手をだせないことでしょう。

 

現在2018年。技術は進歩したとはいうものの、気軽に宇宙へ行ける人はかぎられた一部の人たちです。

 

もちろん一般人でも地球から出ることは可能です。が、お金をたくさん払える人しか実現できないことでしょう。UFOとお友達の人は以外はむずかしいところだと思いますけど。

 

とはいえ金無しコネ無しなごくごくふつうの日本人だとしても、ひよっとしたら無償で再生医療が受けられる未来が待っているかも知れないといったらどうでしょう。

 

日本人口の減少によって日本人は保護される?

知っての通り、このままだと将来日本人はやがて滅亡をたどることでしょう。なぜなら子供が生まれて来ないからです。

 

そしてその理由は結婚しない若者が増えているのと、高齢化による様々な弊害も考えられるでしょう。少子高齢化対策を早くしないと、純粋なジャパニーズの血は途絶えかねません。

 

有権者数の多い年配者を優遇する法律はとっとと辞めて、若い弱者が活きる政策に変えるべきときが来たということなのです。

 

日本人の素質とは、「賢く」「勤勉」「真面目で寡黙」「粘り強い探究心」「義理堅く」「和を大事にする」まるで従順でハイスペックなコンピュータの様です。

 

”無いものから生み出す”というよりも”既に存在するものを改良する”ことに優れた人種だと思うのです。加工貿易で発展しましたよね。

 

そんな技術と発想を持つ日本人は、世界に愛され必要とされています。

 

滅亡し行くジャパニーズを世界は守ろうって考えだすでしょう。国連は純粋な日本人を”絶滅危惧種”に指定して保護しようと考えたりします。

 

その一環が再生医療費の全額控除です。つかった医療費は全額返還されるでしょう。

 

もしかしたら、純粋な血統を守るための義務と引き換えになるかも知れません。

もしかしたら、血を絶やさないために日本人居住エリアをつくられてひっそりと山あいに暮らすようになるかも知れません。

 

人権の観点から見たらちょっとコレは怖い話ですが、「世界のためです」ってお願いされたら快く引き受けてしまうのが日本人だとも思えます。

 

とはいえ、日本人なら誰でも再生医療をただで受けられる様になるのでしょうか。

 

技能者は優遇され神になる?

アナログを極めることが身を守る手段へと変わるんじゃないか?」と思えてなりません。

 

既に御存知の通り、世の中は自動化へと進んでいます。

 

  • コンビニなどの支払いは自動精算機になり
  • 銀行や公共サービスは自宅にいながらネット処理出てしまい
  • 物を作り出す工場は自動化され機械を管理する一部の人だけしか必要がなくなってしまう

 

具材を入れるだけで勝手に食事が作れてしまう料理道具とかは、もはやドラえもんの領域のはなしですよね?

 

そうなると、決まって同じようなことが起こってきます。リバイバルです。

 

みんながみんな自動システムの恩恵を受けられるようになると、アナログが注目されて価値が上がっていくことでしょう。

 

  • 左官職人や宮大工や伝統工芸士
  • オートマではくアニュアル操作のトレーラー大型運転手
  • 身体をつかうプロスポーツ選手
  • パソコンを使わずにフリーハンドで絵を描くアニメーター

 

いままでふつうにやっていた珍しくもないことがコンテンツへと変わっていく。過去をふり返っても分かる通り、少ないものほど大事にされ価値が上がります。

 

つまり、これからAIに奪われてしまう職種や技能を持っている人がもっと先の将来、必要な人へと変わるのです。そのためには、価値ある存在になるまでやり続けることです。

 

何も習い事に通ったり、プロのように極める必要はありません。周りにいる多くの人たちが勝手に離脱して行ってくれるくらです。

 

もしあなたがテストで50点しか取れない人だとしても、まったく勉強をしない人の中でなら一番です。

 

もし車や電車をつかって移動する人と、いつも歩いて通勤している人が、どこまで歩けるかを競ったなら、普段歩かない人たちは自然と脱落して行くでしょう。

 

なので「コレ!」って何か1つに目をつけて、昔ながらをやりつらぬいていくことが未来の自分への投資になるって思いましたよ。

 

おわりに

すべてはわたしの絵空事。20年後消える職業とかたまに話題になることがあります。

 

しかしながら、何がよくて何が危ういのかなんて誰にも分かりません。

 

ただ一つ分かっていることと言えば、いついまの状態でいられなくなっても困らない様な別の生き方をはじめることだと思うのです。

 

そのためには、今日一日、頑張った自分に祝杯をあげているば場合ではないと言うことなのでしょう。

 

▼自分の身は自分で守るしかない時代にいまから備える。
リンク副業で稼ぐ6のコツは身近な成功者から学べばいい

 

タイトルとURLをコピーしました