楽天モバイル『今月の残りギガ余裕』は危険?アプリと端末のデータを比較

この記事は約4分で読めます。

残りのギガ知りたい!

『今月は結構動画を観た、Twitterもやった、サイト検索もしたからギガ足りないかも。今月あと何ギカ使えるのか知りたい』というあなたへ。

2020/12月分のデータ通信使用量が変なので調べてみたら、アプリと端末の使用量に、かなりの誤差がありました。

ただし、詳細は忘れましたが、月の途中まで高速データ通信OFFで途中からONにしています。それにしても、いつもと様子が違うので当記事を書きました。

どっちが正しいのか分かりませんが、ギガ足りなくならない様に、念の為、双方で確認すれば無難です。

■端末でデータ通信使用量の調べ方は、

  1. 設定
  2. モバイルネットワーク
  3. データ通信量

を見れば確認できます。

詳細は以下の通りです。

わたしは楽天モバイルを現時点で1年9ヶ月利用してます。

データ通信量『残りGB』アプリと端末で使用量が違う月もある

楽天モバイルアプリで「残り」を確認

楽天モバイル スーパーホーダイプランS2GB

この画像は2020/12/31月末の様子。

見ての通り今月の残り

  • 前月繰り越し=662MB(650)
  • 今月の契約分=2.00GB
  • 合計=約2.65GB今月使えるギガ数

で、今月の残=2.15GB

前月繰り越しがまだ残っている状況。

つまり、
650mb-150mb=510mb+2.00gb=2.15になる計算?

間違えなく本当なのでしょうか?

端末のデータ通信量をチェック

スマホのデータ通信量は設定から見れます。

  1. 設定
  2. モバイルネットワーク
  3. データ通信量

の手順で確認できます。

端末のデータ通信量を確認手順1

1. スマホの「設定」をクリック。

データ通信量端末手順2

2.モバイルネットワーク>

データ通信量端末確認手順3

3.データ通信量>

データ通信量端末1

今月のデータ量=2.65-今月の使用量1.50=1.15

  1. アプリの使用量=510MB/残2.15GB
  2. 端末の使用量=1.50GB/残1.15GB

つまり、端末での使用量が多く、アプリは少なく表示されている。

なので、アプリの残があるからと言って、安心できません。

ただし、通信事業者によって異なる場合がある

端末の「使用量」の下に但し書きがありました。

ご利用の事業者によって算出されたデータ通信量とここに表示されているデータ通信量が異なる場合があります。

なので実際にギガを使い切らないと分かりません。

心配な人は端末でも確認すれば無難です。

使用量は「日・週・月」で切り替えられる

1日~31日までスクショしました。

グラフの画像を指で右になぞれば、日にちを遡って左から表示されます。

Wi-Fi使用量を確認

データ通信量wi-fi

モバイルデータの右のWi-Fiで開けます。

家に居る時はWi-Fi使用量がグンと上がります。

通信速度を下げて使用量を残せる

高速データ通信切り替え

円グラフの下にある『高速データ通信』をOFFにすると、使用量を節約できます。

ただし、通信速度が遅くなるので、サイトアクセスが遅い。画像表示が無い場合もあります。

なぜ疑問を持ったのか?

わたしがこれまで意識して利用したデータ通信のほとんどは、プラウザからサイトへのアクセスでした。

けど最近Twitterを豆にやる様になったにも関わらず、データ通信量が減らないことに疑問を持ったからです。

なぜならいままでサイトやブログを観まくると、それに応じてアプリのギガも減るからです。

データはチャージできるそうですが、利用率とギガ残のつり合いが取れないときは、端末の方も確認したいと思います。

おわりに

わたしは月2GB契約ですが、Wi-Fi通信を併用したり、モバイル通信時に動画を観なければギガを使い切ることはありません。残りすぎるくらいです。

楽天モバイルに乗り換えたらオプションが勝手に!解約は「R」アプリからは無理

電話番号の変更でGoogleアカウントにログインできない!グーグルに直ヘルプ

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました