ブログのモチベーションが上がらない人は当たり前という話

この記事は約5分で読めます。

 

報われない

 

ブログを書くことに慣れてくると、更新しない日が続くと、言い知れぬ罪悪感におそわれるものです。

 

「何とか書かなくては」とは分かっていても、ついナマケてしまいます。あれほどやる気に満ちていたのになぜ、書けなくなってしまうのでしょう。

 

参考
「セロトニン脳」健康法
有田秀穂
中川一郎

 

ブログを書くモチベーションが低下している原因は脳にあり?

ドーパミンがやる気スイッチ

まずは、脳神経の専門家の人が書いた本の中のことばを見てください。

ドーパミン神経は、何かをしたときに得られると期待する「快」や「報酬」と、その結果、実際に得られた「快」や「報酬」の量の差が大きいほど興奮します。P38

 

何かをするための「やる気」や「動機づけ」をすることにドーパミンが関係しているといっています。つまり、この期待値が意欲。「やる気スイッチ」になるのです。

 

「収入が増えること」「成績が上がること」「ほめられること」「出世すること」のような地位や名誉を手にすること、「美しくなること」などもドーパミンの仕業だといいます。

 

ブログ開設当時を思い出してみましょうよ。何か、こみ上げる思いがありましたよね?その期待とは何だったのでしょう。「お金になる」「アクセスが増える」「コメントをもらえる」ことででしたよね?

 

ドーパミン神経は実際に報酬が得られることによって、さらに多くのドーパミンを分泌し、これにより報酬回路は強化されていきます。p38

 

もし、ドーパミンを分泌させるような結果を得ることが出来ていれば、記事を書くモチベーションを維持できるという理由です。

 

想像した期待を得られないとスイッチが入らなくなる?

つづいて、また引用してみます。

その一方で、いくら努力をしても報酬がない場合はドーパミンの分泌は減り、報酬回路が弱まることになります。p38

 

そうです。おっしゃる通り。

初心者ブロガーが1記事書き上げる作業って相当な努力を要します。わたしも最初のブログを立ち上げた当初は1記事書き上げるのに何日も書けました。

 

ただの日記ブログなら簡単です。いいたいことをただツラツラと書くだけですからね。「きょうのランチ」と書いて写真をのせれば出来上がりになるでしょう。

 

でもわたしは芸能人ではありません。無名の人が読んでもらうには、それなりの試行錯誤は不可欠。そんな努力の甲斐(かい)もない結果だと、ほんと辛くなってしまいます。

 

「わたしって才能ない」「決めたことを継続することも出来ない自分」を責めていしまう。

 

でも、何とか自分なりにモチベーションを上げる方法を探し出し、実践して、何とか10ヶ月が過ぎました。それに、他のブログをふくめると通算2年2ヶ月です。その準備期間もあったりします。

 

ブログで成功している人のはなしを参考に記事を書いてきたけど、期待とは裏腹に思うような結果が出ないと、つい、なまけ心が勝ってしまうのですよね。

 

つまり、何らかの結果が出せないからドーパミンも出なかった。やる気になれないのは当たり前だったとう分けだったのです。

 

でも、気持ちはまだあきらめてません。あなたも同じ気持ちですよね?ブログ当初の気持ちに立ち返る方法はないのでしょうか。

 

報酬を求める前に自分をふり返ってみる

もう、この言葉につきます。

ブログで収入を得ようと考えるのなら、それなりのやり方があるといいます。

 

「一日1記事は更新する・誰かに役立つ内容で・分かりやすく伝える」などを基本に記事を書くことや、「html・css」のような技術も必要になるといっています。

 

「ただ大量に記事を書けばいい」というわけではありません。

砂漠でホットココアは売れるのか。無人島で必要なのは生きるための道具。キレイなドレスよりも水に需要がある。その記事に対してのニーズも大事になるからです。

 

考えてみれば当たり前。

いつ更新するのか分からない、独りよがりの内容、難しい表現で読みづらく、表示速度が遅かったとしたら、読みたいとは思いませんからね。

 

わたしは自分なりに楽しみにしているブログがいくつかあります。でも最終的に残ったのは、毎日必ず更新しているブログです。

 

とはいえ、毎日、目新しい情報や感動する内容というわけではありません。似通ったコンテンツが多いような気がします。

 

でもなぜか見てしまう。

それは今日も更新しているという信用があるから。そして、膨大にストックされた記事があるからです。関連の記事として「こんな記事があったのか」と読み探してしまいます。

 

さきほど「日記ブロブは読まれない」といいました。収入になるかどうか、ではなく、アクセスを集めたいのなら、やはり更新頻度はすっごく重要な要素ではないか、って感じています。

 

その毎日更新しているブロガーさん自身も、たくさんのアクセスがはげみになっているのでは?って思います。

 

つまり、書くためのモチベーション=ドーパミンを出すためには、

「毎日書く→書くコツがわかる→読まれる→収入・PVアップ」のサイクルになっているのだと思います。

 

そして報酬を収入に設定しているとしたら、もっと読みたくなる様なリサーチ力を上げる努力や勉強が必要になってくるのでは?って思います。

 

おわりに

「どうしたら書くためのモチベーションを上げられるのか」のこたえにはなっていません。

でも、ドーパミンを出してその回路を太くするには、やはり報酬を出すしかないようですね。

そのための試行錯誤する努力を決してやめないことです。

では一緒に頑張っていきましょうね。

 

▼わたしなりに、やったことを書いています。反面教師としても参考に。

リンクブログ5ヶ月100記事書いて1日たった30PV「心がけたこと」とは?

 

タイトルとURLをコピーしました