ウォシュレットのランプが点滅!分解して正常にもどした手順

ある日突然、ウォシュレットの強弱のボタンが、チカチカと点滅してるではないですか。

これは一体何の合図なのでしょう。

メーカーサイトなど検索した結果、

「定期点検のお知らせ」であることが分かりました。これといって不具合は見当たりません。なのでネットの情報を元に、点滅を止める作業をしてみます。

参考トイレの点滅が止まらない「INAX NEXT プログラム」・完全解決
「今日の出来事」というブログを参考にさせていただきました。

もしかしたら故障の可能性もあるので、よく確認して見てください。心配な人はプロに任せれば安心です。

INAX「CW-H21」便座を分解して点滅を消す

故障ではない場合、気にしない人は「そのまま放置」という選択もあります。わたしは気になるので直すことにしました。

全く開けたことがないと汚れています。掃除道具を用意した方がいいかも知れません。

では、さっそくはじめてみましょう。

1)コンセントからプラグをぬいてく

プラグとアースが別のタイプだったので、プラグだけをコンセントからぬきました。

アースをコンセントから外した方が作業しやすいですよ。

2)便座の両サイドにあるネジを外す

ネジは2箇所あります。

ネジを便器の中に落とさないように気をつけてくださいね。

3)カバーを外す(2つに分解)

ネジを外しただけでは分解できません。

便器と便座を分離する

「向かって右側にあるレバー」を右に引っ張りましょう。

(座ったら左側)

シャキーンと出るはずです。

便座を手前にスライド

■真上からの画像

水タンクと便座の隙間を撮影。

ロック解除する

便座のフタを開けた状態で、便座の底の部分をこっちに向ける。

靴の裏を見せる感じです。

真横から見たら「 L 」の字。

伝わったでしょうか?

レバーを回す(開閉)

■便座の下側の画像

底の部分に回転するレバーがあります。

レバーを書いてある方向に回しましょう。

便座を分解する手順

■便座の裏側を外します。

分解は右から左です。

わたしはマイナスドライバーでこじ開けました。ここは言葉では表現するのは難しいです。

がんばってください。わたしは超苦戦しましたよ(汗)

無理に開けると便座が壊れたり配線が切れるおそれもあります。ていねいに作業してくださいね。矛盾してますが、ある意味、思いっきりも必要です。

4)線をカットする

ネットの情報を頼りに分解。確認して見ると探し物がありませんでした。どうやら、

機種によって線のある場所がちがうようです。

よく記事を見てませんでした。せっかちさんです。

「CW-H21」の線は外側にあります

「線が無かった」さっきの写真の反対側に線はありました。

正面を向いて便器に座ったとき、ボタンの「内側」ではなく「外側」という意味です。

逆Uの字型の配線をニッパーでパチッと切断しました。

お疲れ様でした。これで終了です。

念のため組み立てる前に、

「点滅が消えて正常点灯にもどっているか?」を電源を入れて確認してみましょう。

最後に、素手で作業した人は、手をよーく洗ってくださいね。

おわりに

一度分解しましたが、線を見つけることができませんでした。もう一度ネットの記事をよーく見てみると、追記として画像付きで説明してあったんです。

なので、もう一度再チャレンジ。ドキドキしながらも何とか点滅を消すことに成功です。

設置して10年目にランプが点灯するなんて、まるで時限爆弾のような機能ですよね?メーカに解除を依頼すると、お金がかかるそうです。

春は何かと出費がかさみますから、節約にもなりました。もし解決法が分からなかったとしたら、業者を呼んでしまうところでしたよ。

貴重な情報を公開してくださった「今日の出来事さん」や情報提供者さん人達には本当に感謝します。参考になりました。ありがとうございます。

▼車の購入について書き出しています。
リンク出費トータルを考えるなら「新車?」「中古?」まとめ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする