あの除草剤でも枯れない雑草コレ何?

この記事は約6分で読めます。

根まで枯らせる除草剤で有名なラウンドアップ。それをしても枯れない雑草はある。

でも条件付きで、ほぼ全ての雑草に効果がある除草剤があった。

そしてグリホサート系の除草剤でも、成分と使いかたによっては効果があるかも知れない。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

「根まで枯らす除草剤」が効かない種類の雑草がある

根まで枯らす除草剤が効かない雑草とは、もしかしたらイネ科の「オヒシバ」の可能性が高い。

まずはその雑草が何なのか?オヒシバなのかを調べてみよう。

「Googleレンズ」で撮影して名前を確認

Googleレンズを使えば名前が分かるかも知れない。

矢印のカメラマークをクリックして撮影してみよう。

実際に使ってみると、オヒシバであることが判明。

オヒシバには「グリホシネート」が効く

結論からいうと、グリホシネート系の除草剤は、イネ科(オヒシバ)に効果を発揮する。

更に、この情報をわたしに教えてくれた農家の友達によると、『グリホシネートでも(Pナトリウム塩)じゃないとダメだ』とのこと。

塩が効く!

以下の商品があったとしたとき、どっちを買うべきか?というと、

  • ◎ザクサ(グリホシネートPナトリウム塩)
  • ○バスタ(グリホシネートのみ)

この場合ザクサを選べ、とのことだった。

現時点でわたしはまだ実際に試してないが、プロの農家さんの話なので信用して記事にした。

とはいえ、グリホサートよりもグリホシネートが劣る部分もあるので、その辺を学んでみよう。

グリホサートとグリホシネートの効果について

結論をいうと、グリホサートよりもグリホシネートが劣る部分とは、根絶しないこと。

ここでざっくりとグリホサート・グリホシネートについて少しお勉強。

枯らす範囲時間効果の範囲
グリホサート系
(ラウンドアップ)
根まで枯らす遅効性
5日〜2ヶ月
効果がない種類もある
グリホシネート系
(ザクサ・バスタ)
茎を枯らす即効性
5日〜20日
ほぼ全てに効果あり

スギナ・チガヤなどの多年植物の場合、根まで枯らすグリホサート系(ラウンドアップ)が適している。

その反面、イネ科にグリホサートは効かない。なのでグリホシネートが適している。

ところがグリホシネートは雑草の茎を枯らすが根絶しない。

でも何度か使っていくことで、生息範囲の拡大を防ぐことができるそうだ。

成長し過ぎたオヒシバは「刈り込み鋏」で処理

今回も我が家の雑地エリアに生えた雑草に、グリホサート系の除草剤を散布した。

やはりオヒシバだけ綺麗に生き残った。

オヒシバは小さなうちは手で簡単に引っこ抜くことが出来る。

でも丁度その付近の生垣の藪の中に、スズメバチが出入りする様になった。

なので草むしりができなく、1ヶ月ほど放置した結果、特大サイズになっていた。

小石を投げて巣があるのか確認したところ無反応だったので、オヒシバを刈り取ることにした。

80cmにもなるそうだ。

刈り込み鋏はザクザク刈れる。あとは刈り取った茎を別の場所に移動した。

▼刈り込み鋏は芝生も楽に切れる。

グリホサートでもイネ科を枯らせるのか?

今回使用した除草剤は、最初がラウンドアップマックスロード。次はジェネリック品。これら(グリホサート系)の原液を濃いめに作ったものを2度使った。

画像をよく見ると、枯れた小さなオヒシバらしきものが。

茎が青々としたオヒシバを刈り取ってみると、根本付近の茎は枯れ出したものもあった。

もしかしたらイネ科でも、時間をかければ枯らすことが出来るのだろうか?

そしてラウンドアップマックスロードは「グリホサートカリウム塩・・・48.0%」と謳っている。

塩配合!

もしかしたらラウンドアップマックスロードの原液を濃いめをたっぷり使えば、メヒシバが枯れる可能性がありそうだ。

オヒシバは早めに駆除しよう

稲穂をつけたオヒシバを刈り取った後の地面を見てみよう。

雑草のタネらしきものが無数に落ちている。

もしかしたら来年もまたオヒシバ祭りになりそうだ。

なので来年また同じ場所にオヒシバを生やさないためには、タネをつけさせないこと。

つまり稲穂がつく前に何とかすべし!

おわりに

この記事を書く今は草が枯れゆく10月の秋。

来年はグリホシネートPも使うことにしよう。

▼根まで枯らすグリホサート系(ラウンドアップ)の記事。

スポンサーリンク
よろしかったらシェアして下さい
スポンサーリンク

スポンサーリンク
72ログ
タイトルとURLをコピーしました