買ったギターアンプの「付属シールド」は買い替えるべきか

この記事は約4分で読めます。
ギターシールド

話の流れを箇条書きにすると、

  • ギターシールド付きミニギターアンプを購入
  • 約1年間おまけシールドを使用。余計な音が出る。音が悪く音の良さが不安定
  • 千円台のシールドを購入。余計な音が出にくくなる。音の良さに感動。

つまり付属されていたギターケーブルでは、アンプ本来の音が出しきれてなかった。

それが驚くほど改善された話。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

そのノイズはギターシールドケーブルのせいかも

突然だけど「余弦ミュート」という言葉を知っているだろうか。

「余弦ミュート」とは、弾いてない弦の音が鳴ってしまうこと。

弾いた弦の音によって、押さえてない弦が共鳴してしまうこと。

なので左右の手をうまく使って鳴ってほしくない弦をミュート(押さえ込む)必要がある。

実は恥ずかしながら、わたしは知らなかった。

それが今わたしが使うギターとショップのおまけシールドとミニアンプの組み合わせで弾いてみると、弾いてない弦の音が聴こえてくる。

おまけのギターシールド

いままで余弦ミュートしなくても、余計な音が聴こえなかったのは、ギターもシールドもアンプも古く、音がこもっていたからなのか。

それとも耳に入らなかったのかは分からないが、今回、うるさいほど聴こえる。

そして余弦ミュートの技もそれなりに獲得しつつある中、あきらかに技術だけじゃないノイズに悩まされる日々。

これをどうにかしなければ、楽しいギターライフを送れない。

そこで手始めに考えたのが、ギターシールドの買い替えだ。

シールドはお店の好意でつけてくださったので、金欠な自分にとっては実にありがたいこと。

とはいえユーチューブで当アンプのレビューを観ると、いい音に聴こえる。

なのに何でこんなに音が悪いのか・・と。もしかしたらギターに問題があるのかも知れない。

確かに当ギターは鳴る。てか、音を拾ってしまう。

グーでボディを叩くだけでも、かすかに弦の音が聴こえてくる。いい意味で鳴り過ぎる。

もしかしたら純正のピックアップが古く錆びているからなのか。社外品に替えた方がいいのだろうか。

そう思いながら、何とも煮えきらない想いを抱きながら、アンプ無いよりはマシか・・と不満な日々。

ギターシールド選びは「ベストセラー」品で十分

ところが、シールドを差し替えたその瞬間、わたしは驚くこととなる。

▼今回購入したギターシールド。Amazonのベストセラーとして販売されていた。価格は1,499円(2023/12)

そして新たに買い替えたシールドを差し替えた瞬間、思わず絶叫してしまった。

なぜなら、いままでの付属シールドの場合だと、アンプの電源を入れると、

ビーーーっと、冷蔵庫の様な音がする。

それが買い替えたシールドで電源を入れると、

・・・・無音。

あれ?このシールド初期不良?

一瞬、「不良品?!中華製?やっちまった!」と、焦った。

で、恐る恐る弾いてみると、音は出る。

しかも今までとは比べ物にならない良質な歪音。

言葉では言い表せないワクワク感。そして買い替えてよかった!という想い。

評判だったノイズゲート効果も実感。

この1年間、いったい何だったんだ!という嬉しい悲鳴。

と同時に、シールドをケチってしまった後悔。

たった二千円でお釣りが出る価格をためらったために、そのクオリティーを味えずに無駄な1年を過ごしてしまった。

しかしながら、この付属ノイズシールドのお陰でわたしのギターの腕を上げることができたので、災い転じて福となすかな。

新旧シールド比較

新旧シールド比較

画像中、上の線が買い替えた物。下がおまけシールド。

ケーブルの太さが違う。

買い替えたシールドのケーブルの外側は繊維質の材質。固いので、折り曲げにくい構造だ。

古いシールドから高価なシールドに替えた別の件

ではなぜ1500円ほどの買い物をしなかったのか説明しよう。

理由は、高価なケーブルじゃないと意味がなく、安価な物では安かろう悪かろうと考えたからだ。

実は以前(2011年)、古いシールドから、五千円台のシールド(カスタムオーディオジャパン)に買い替えたことがあって、そのクオリティーの高さを体験したことがあった。

買い替える前のシールドは、友達から譲り受けた安価な古いシールド。おそらく90年代後半の代物。

今回と同じ様に、差し替えると、明らかにずば抜けて高音質になった。

それでもアンプが1980年代の物であったり、古く手入れされてない安価なギターだったこともあり、音はこもっていた。

しかしながら、明らかにシールドによって音が改善されたことは間違えない事実。

なので、もし古いシールドや、おまけシールドによって音が悪い場合は、シールドを替えれば、音が改善される確率は上がるはず。

そして高額なギターシールドもいいけれど、まずは安くてもいいから買った方が無難だ。

おわりに

おまけギターケーブルの場合、その日によって「いい音の日」と「悪い音の日」があったけど、それも解消。

もう少し値段の高いシールドを試してみたくなった。

ギター生活
スポンサーリンク
よろしかったらシェアして下さい
スポンサーリンク

スポンサーリンク
72ログ
タイトルとURLをコピーしました