ブログ書けるときでも書けない心境なのは自分が一番よく知っている?

この記事は約5分で読めます。

足止めの理由は何ですか?

初心者ブロガー向けの内容です。

 

「一日一記事更新するぞ!」という目標のもとブログを書いる人であったとしても、どうしても書けなくなることってあるものです。

 

あれほど入れ込んで書き続けてきた習慣なのに、なぜ書けなくなってしまうのでしょうね?

 

きっとあなた自身が一番よくわかっているかと思うのです。

 

今回わたしもまた書けなくなったので、その辺もまじえて記事更新してみましたよ。

 

書ける時と書けない時のちがいを知ること

私事ですが、時間がないときよりも時間が有り余っているときの方が書けないんです。

 

なぜなら休日の使い方って本人次第だし、いたって自由だからです。つまり時間管理に追われていないからなんですよね。

 

会社出勤前の平日に朝早起きして記事を書き始めたら時間が来れば出かけなくてはなりません。当然、間に合うような行動や工夫を無意識にしています。

 

時間制限がある方が「やらなくっちゃ」って頑張れます。時間は貴重です。その少ない限られた範囲の中で「何とかしよう」って考えるから書く気になれるのです。

 

あわただしい日々の中、少ない作業時間を生み出して時間をつくり記事を書いている人に比べたら本当に贅沢な悩みなのでしょう。

 

でも、人って追い詰められないと動かないと思うのです。火事場のクソぢからってヤツです。

 

もちろん中にはシッカリと自分が立てた目標に向かって動ける人もいるでしょう。が、毎日ずっと決まった生活をできる人は稀だと思うのです。

 

自分の性格は、あなた自身が一番よく知っています。記事を書けなくなる習慣を、まずは知ることだって思うのです。

 

ではどんな習慣が書くモチベーションをうばっているのでしょう。

 

ブログの妨げになる習慣をどうするか本気で考えてみる

もし毎日、いや、少なくても3日に一度のペースでブログ更新していたり、

記事の量とは別に、半年以上みっちりと真面目に記事を書いていたり、

初心者でも、それなりの売上があるブロガーが記事を更新しないことがあると、

 

「何でもいいから記事を書かなくっちゃ」という言い知れぬ不安や何とも言えない罪悪感をいだくものですよね?

 

あの気持って一体何なのでしょう。

「読者が離れてしまう」とか、「売上が減る」とか、神(Google)からの評価を恐れることもあるとは思います。

 

でも売れっ子ブロガーでない人にとってはあまり縁のない状況です。

わたしの様な駆け出しで、コレと言ってほこれる実績もない弱小ブロガーの場合はちょっとちがいます。

 

「書かないと書けなくなる」という恐れが強いのが理由です。

 

わたしは「記事を書ける日に出来るだけ書くように心がけて、書けない日はあきらめて書かない」スタイルでブログ更新をしています。

(一日に2記事書ける日があったり、3日間があく場合もあったりします)

 

でも、もう1つ更新できないケースがあって、それがいま一番の悩みにもなっています。それが、ご褒美にお酒を飲む習慣です。

 

他の記事でも書いているのですが、「頑張るだけではダメだし、何事も力をぬくことも大事です」的な意見も過去にいっています。

 

でも、「ブログを書けなくなるきっかけになってしまう様な習慣って、やっぱりどうにかしなくちゃダメなんじゃないの?」って毎度のことながら考えてしまうんですよ。

 

だって、そのご褒美って一瞬の快楽であって後には何も残らないし、それどころかご褒美の影響によって記事を書くモチベーションをうばわれてしまうからなんです。(だるい)

 

もしかしたら「この良くない習慣を変えることによって何かが開ける」とも思うようにもなりました。

 

記事を書くことで得られるメリットや快楽が「まだ無い」からなのでしょう。

 

もし高い収入が発生したり、読者がたくさんいてくださったり、うれしいコメントやメッセージをいただけたりすれば「書きたい」って思えますからね。(過去の無料ブログで実感済み)

 

時間をうばっている習慣は何?

スマホ、ゲームで遊ぶ、SNSで友人と会話をする、ネットサーフィンで回遊する、がんばった自分を晩酌でねぎらうなどの様なことはないですか?

 

さっきも言いましたが、わたしの場合はアルコールです。脳って本当に快楽に忠実なもので、一度断ち切った習慣であってもまた習慣化するのは簡単です。

 

わたしと同じように「書けなくなるご褒美」に心当たりがあるって人はこの辺で、「自分のご褒美についてそろそろ本気で考え直す時期に来ているんじゃない?」って思った次第です。

 

おわりに

「ブログ書けない」で検索すると、「とにかく何でもいいから書く」とよく言われています。コレ以上も以下もありません。もうコレしかないでしょう。

 

今回書けなくなったのはまたもやアルコールが原因です。

年末の仕事納めのこの時期です。頑張った「自分へのご褒美」という言い訳を理由に4日も更新をしませんでしたよ。

 

もし最高な一記事を書くべく書くための行動をしていたのなら何も更新頻度にこだわらなくってもイイとも思います。

 

要は、パソコンに向かってパチパチと文章を書いたり、ネタを調べたり、画像処理をしたり、サイト管理をする行動をしているのかが重要だと思うのです。

 

日々記事を書き続けるための方法は、書く習慣を止めないこと、書くことを止めるためのもっともらしい理由付けをして自分を甘やかさないことでしかないのです。

 

「休んだら終わり」って考えて、ある一定期間は自制していくべきだと思いますよ。

 

▼コチラの記事もどうぞ!
リンクブログを書くモチベーションと時間をうばっているのはコレ?

 

タイトルとURLをコピーしました