取りあえず成功したいなら取りあえず何を選ぶ?

本当は・・・

目標を達成するには、

「本心でやりたいことをする」

「ワクワクすることをする」ことが成功の秘訣だと成功哲学なんかでよく言われています。

この2つの言葉がヒントになるのはわたしも同感です。

結局は自分が本当に「今やりたいコト」をするしかない

考えてみれば当たり前のことですよね。

何かで成功した人とは言わばその道のプロ。上手くなるためには練習や努力や工夫を継続する行動が必要だったと思うからです。

つまり、「どんだけそれが好きか」にかかっていると言っても過言ではないでしょう。

たとえば「これが成功の道」というノウハウがあったとしても、それを続けるのってすっごく大変なこと。そのほとんどが地道だからです。簡単にできるのなら誰もがやっていると思いますしね。

もし短期間であなたが望む結果を出したなら、その結果こそが報酬になって、続けるためのモチベーションにつながります。良いサイクルで続けられる確率も上がるでしょう。

でも「センスや運も左右する」とよくいいます。

もし気が乗らないことや、あまり得意じゃないことだとしたらどうでしょう。努力を継続するのって、すっごく苦痛になるって想いますよね?

なので、「自分が心から興味があって、どうしてもやりたいコト。夢中で時間を忘れてしまうことを題材に選ぶこと」が先ずは大事だと思うのです。

何事も苦労してこそ執着するもの

常に、毎日、主体的にやらなくては物事が上達しないのは、人はロボットやコンピューターではないからです。

当たり前ですが、何度も飽きるほど反復練習をしないと精度が高まらないものですしね。

「そのお金、パーッと使っちゃったよ」

ギャンブルで勝ったあぶく銭を使うのに罪悪感はないといいます。なぜなら、降って湧いたようなお金だからです。

もし、断崖絶壁に咲く一輪の貴重な花を苦労して手に入れたとしたらどうでしょう。

汗水たらして働いたという労働に対しての対価を求めませんか?そして頑張った行動を大事にしたいって想いますよね。

あなたは「旅行先で買ってきたお土産を大事にして欲しい」って思ったことはないですか?

わたしなんかも、職場に差し入れをする場合がたまにあります。

「早く食べてくれないかなぁ・・」「お口に合うのかな・・」ってハラハラしたりもします。自分のしたことを大事にして欲しいって思うからなのでしょう。

「残した=受け入れてもらえなかった=否定された」と思ってしまうからでもあります。

たとえ的外れのプレゼントだったとしても大事にしてくれたとしたら「ありがとう」って思ってしまいます。

そして自分の作品に愛着が湧くのは「頑張った」という思いが詰まっているからですよね。

だから、自分の思いが詰まった題材がイイのです。

簡単に出来てしまったことは続かないもの?

それとは逆に、簡単に出来てしまったものとは「自分には思い入れがない」状況と同じです。

もちろん天才はいます。一度で覚えてしまう賢い人もいるでしょう。そうなると人って簡単に出来てしまったことに対して楽しめないものです。よくいる「広く浅く」の人たちです。

脳は苦痛を避けて快楽を求めるように出来ているといいます。そんな簡単にクリアーできるゲームをいつまでも楽しめるのでしょうか。

飽きてしまえば長続きはできません。もっと他にないものかと、違うノウハウへと手をだしてしまったりもします。

そして本業をおごそかにして失敗してしまう。よくある話しです。

たとえ同じようにキープしているつもりだとしても緩やかに下っていくものです。それを何の試行錯誤もしないのでは、やがてダメになってしまうからです。

かつて、ある企業が自社ブランドにあぐらをかき社員に大盤振る舞い。意気揚々としていたそうです。

その結果ライバルに追い抜かれてしまい、時代に取り残され、買収された話しをわたしは知っています。ほんと、これもよくある話です。

たとえ成功したとしても、その状態を維持する方がむずかしいのかも知れませんね。

なので成功するためには、上手くいかなくても、まだお金にならなくても、上手くいったその状態をキープすること自体が好きでないとイケないという訳なのですね。

成功者ではないわたしが言っても何の説得力もありませんが、「好きこそものの上手なれ」という言葉は、あながち嘘では無いような気がします。

おわりに

「『何か』を変えられるかも」という、今の自分の現状を変えたくてわたしはブログを書き始めました。

しかしながら、現時点では実際には望んだ結果をまだ手にしてはいません。

でも「何かを変えよう」って思い立ってから、実際に変えるため、変えられるための最初の一歩は踏み出せています。

もしかしたら成功の一歩手前にいるのかも知れません。残念なことにまったく的外れだったり、はるか手前でもがいているのかも分かりません。

なので何かを変えられるのかはまだ未知数です。でも、書く前の時点ではないことだけは確かです。

「好きこそものの上手なれ」をかみしめて、これからもブログ更新を精進していきたいものです。

あなたの「上手なれ」は何ですか?

きっとそれが上手くいくことのヒントになることでしょう。

▼何かを成功させたいなら1つのことをやり続けるしかないの?
リンク「口だけ人間」から卒業!継続するためのスキルとは?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする