キーレス車盗難防止!○○な箱に鍵を入れ電波を盗ませない

この記事は約4分で読めます。

車のキーレスのセキュリティも日々進化しています。

でもイタチごっこなのはこの先も変わらないことでしょう。盗んで売ればお金になるからです。

だったら自分の身は自分で守るしかありません。

「そもそも」の視点に立ち返れば電波ジャックは防げます。

”リレーアタック”と言う方法で簡単に鍵は開けられる

まずはリレーアタックについて解説しましょう。といっても原理は簡単。

知っての通り、最近の車の鍵は「電波で開け閉め」されていますよね。

上の絵のケースだと、鍵の電波は車まで届どかない。なので車のキーはロック状態。ドアは開きません。

  • 車に鍵が近づくとドアを開けられる
  • 鍵が車から離れるとドアは開かない

つまり鍵と車が一定の距離に離れるとドアが開かない仕組みになっています。

 

もし、その電波をつなげることが出来たとしたらドアは開けられる可能性があるです。

  • 「電波を中継する何か」と
  • 「ロック解除できる何か」を使って

届かない「お互いの電波を中継」してドアを開ける手口がリレーアタックなのです。

”物理的”な方法で「電波を遮断」すればイイだけの話

鍵から出る電波を中継してロック解除されるのなら、鍵から電波を出さなければイイだけの話です。

 

フタ付きの缶(かん)の中に鍵をしまって置くとイイですよ?

鉄やスチールの様な金属で電波の発信を防げます

 

よく、お菓子やお茶などの入れ物として使われてますよね。家にある物で簡単に電波カット出来ちゃいます。

鉄っぽい缶の中に鍵を入れ、鉄っぽいフタで缶を閉じれば、間違えなく電波はカットされるのです。

実際に試してみた

本当かどうか、クッキー缶の中に鍵を入れてフタをして愛車に近づいてみましたよ。

 

わたしの愛車のキーレスは「鍵を車に近づけると、勝手に鍵が開く仕組のノーハンドキー?」です。

 

車に近づくと「ピッ♪ピッ!」と音がして、ロックが解除されるけど、この時はまったく無反応。解除音はしません。

 

試しに車に近い距離で缶のフタを開けてます。

「ピッ♪ピッ!」いつもの様に、鍵が開きました。

 

最近テレビでも取り上げられている方法です。実はこの方法は知り合いが既にやってました。キーレスがスッポリ入るスチール製の缶ケースに愛車の鍵を保管しているそうです。

 

人気があって盗難される車種の車です。本人としては盗まれたいため、色々と考えたのでしょう。あとは物理的な何か対策は必要でしょうけどね。

 

一方わたしの愛車は人気のない中古の軽。リスクを犯してまで欲しいとは思わないでしょう。(^.^;

他にも方法はある

アルミ箔も効果があるそうです。

フタ付きの缶が無い、わざわざ買いたくない、のなら自作する手もあります。

たとえば紙やプラスチック製の箱をアルミ箔で包み込むのはどうでしょう?実際に作ってませんが、論理的にはうまくいくはずです。

リレーアタックは白昼堂々と出来るのか?

電波を中継して車を盗めるのなら、ターゲット以外の人がみんながグルになれば電波はつなげてしまうのでは?って思ってしまいましたよ。

たとえば、ターゲットの後を大勢の人が尾行して電波をつなぐ手口です。各自それぞれが中継機を持っていて、電波をつなぐ電波リレー。

「このラーメン屋そんなに美味かったっけ?」自分の後ろに並ぶ人達は、お客ではなく電波の中継者。

買い物客を装っている人はみんな窃盗団が用意したエキストラ。のんきに買い物しているうちに電波は中継されてあなたの車は盗まれてしまう。

「まさか自分以外のお客さん全員がグルだった(゚д゚)!」なんて想像すらしません。

「あれ?俺の車のエンジン音が小さくなっていく・・」

ちょっと公園でトイレの合間に、リレーアタックされて車を盗まれることも考えられます。

 

 

でも、リレーアタックされる知識があれば大丈夫。車の鍵を持ち歩く時も、家で保管するとき同様に、電波を飛ばさない何かを使えばいいからです。

おわりに

これからは「オンライン」と「オフライン」を使い分ける時代です。

 

わたしは大事なデータは極力ネットにつながらないツールで保存しています。クラウドに上げません。暗号は紙に書き残してます。なぜならハッカーは手を出しにくいからです。

 

もちろん、直接盗みに入られたら同じことではあります。無くしてしまったり、火事になったら灰になってしまう。ネットにつなげれば、どこからでもアクセスできるし便利です。

 

それでも、電波よりも形ある物の方が強いです。いくら解読不可能な暗号で厳重に鍵をかけたとしても、ミサイルには勝てません。なぜならこの世は物理の世界だから。

 

アナログは馬鹿にできません。電波から身を護るには電波を遮断すればいいだけのことなんですね。

タイトルとURLをコピーしました