蓄膿症の薬の影響で筋トレ休んだ日[2021.2.13日記]

この記事は約4分で読めます。

熱がある時は休み

今日は蓄膿症の薬を飲んで2つ日目。

身体の状態がちょっと思わしくない1日だった。

ずっと頭が痛く熱っぽいから検温したら37.6度だった

3日前、鼻筋が痛むので耳鼻科に行ってきた。

その間、鼻や目元から耳の上や後頭部あたりが若干の頭痛。

試しに検温したら36.8度。いつもより0.4度高い程度。

翌朝の今日、検温したら平熱。問題なので出勤した。

ところがずっと頭が重く、軽い頭痛と共に頭皮がチクチクする。

それはお昼を過ぎるに連れ増していく感じ。

夕方帰宅するころ、思わず同僚に『頭痛くて・・』と体調が優れないことをほのめかした。

わたしはよく熱っぽい感覚になることも少なくない。

そして何となく寒気がしてゾクゾクする。微熱のときと同じ症状。

試しに熱を測っても大体は平熱か、37.1度など、少し高いことも珍しくない。

そして本日いまこの記事を書く数分前に試しに検温してみた。

すると37.2度。

そして1時間とに再検温したら37.6度。

ちょっとよろしくない状態だ。

薬局で頂いた薬の中に『解熱剤』も処方されていた

薬剤師さんが患者さんに薬を渡すとき、その説明をすると思う。

何となく聞いていたから全て頭には入らない。

慣れない環境に自意識過剰になっていた。

説明書を読めば分かるだろうと内容をスルーしがち。

今回、解熱剤についての説明も何やら言っていた。

「熱が出たら飲んでください」は覚えているけど、何によって熱が出るのかまでは聞き逃した様だ。

そこでネット検索してみたら、処方された薬の中に「飲むと発熱の副作用がある」ことを知った。

いまのわたしの熱の正体は何だろう。

蓄膿症の雑菌に対して身体が熱を出して対抗するためなのか、それとも薬の副作用なのかは分からない。

もしかしたらインフルエンザにかかった可能性も無いわけじゃない。

予防接種をしても、軽くかかる場合や、接種した型とは別の型に感染した人もいるからだ。

筋トレは大事を取ってお休み

ただ分かっていることは、今日は筋トレを休んだ方がイイという判断。

わたしは熱があっても基本食欲がなくなることは稀だ。

いま、すごくお腹が空いている。

夕食後、蓄膿症の薬と一緒に解熱剤も飲んむことにする。

残念なのは、今週はみっちり筋トレやれる状態に身体がなっていること。

超回復でいい感じに筋肉は張っている。

薬とサプリの飲み合わせも気になるから、丁度いいのかも知れないね。

悪寒はするけど辛くないのでお風呂に入った

熱があるときお風呂に入るのはNGと言われている。

これは昔の日本のお風呂事情によって、外の寒い冷気によるものだという。

念の為、お風呂に入る前に体温測定したら37.6度。

迷ったけど熱がある感覚も無いので入ることに。

お風呂にざっと入って湯冷めしない様にしたい。

ちなみに、お腹が空くのでごは飯お代りをした。

そして熱が出たときに飲む薬を追加で飲んだ。

明日朝の様子次第では会社を休むかも知れない。

今日一日の流れ

今日の睡眠時間

6時間59分。

昨日に引き続き、イビキ時間が少ない感じ。

やはり夜勤や深夜までの勤務より、平常な生活サイクルはイイのだろうか。

今日の筋トレ

朝活の筋トレをやった。

足上げ腹筋20✕5セット

他2メニューをこなした。

夜は熱が出来たので中止。

今日の歩行距離

7401歩。4.21km

最近仕事が薄いので1万歩に到達しない。

今日の出費

今日は家族のお土産に安い自販機のスーツだけど買った。

昨日妻から頂いた病院代が190円お釣りが出た。

返すよりお小遣いと足して与えた方がイイと思った。

そういった小さな行為が幸せのタネでもある。

今日のTweet

目標と予定

筋トレ。熱が下がるまでお預け。

明日も日記かブログを更新する。=今日は日記を書き上げた。

いま自分に出来ることをする。

蓄膿症を治療が最優先事項。

コメント

タイトルとURLをコピーしました