エアコンのフィルター掃除。『ほこり』は水圧で楽に落とせる

この記事は約2分で読めます。

エアコンのフィルターについたホコリって取れそうで取りにくい。

濡れ雑巾で拭くと、ホコリかすが玉になり、こびりついて逆効果。

エアコンを日常的につかう、夏や冬の前に、しっかりほこりを除去しておきましょう。

高圧洗浄機がなくても「巻き取り式ホース」で十分

エアコンのフィルターについたホコリは、水圧を使えばあっという間に落とせてしまう。

そのやり方は、

  1. エアコンのフィルターを手に持ち、綺麗な「床」か「家の壁」に当てる
  2. 巻取り式ホースのシャワーヘッドの設定を「高圧」にセット
  3. ホコリが付着した面を裏にして、フィルターめがけて放水
  4. 続いて反対の面にも放水。残ったホコリカスを除去

もし地面がコンクリートなら、フィルターを手に持ちながら床に置き、放水する。

フィルターに放水すると、水圧でフィルターが飛ばされるので、ストッパー代わりに床か壁を使う。

面白い様にホコリは取れてくれる。

水分を吸ったホコリが多少残るので、それを手で摘み取る。

デメリットとしては、水が跳ね返るので、服が多少濡れてしまう。

他のフィルターも同じ様にお掃除。

天気が良ければフィルターは直ぐ乾く

フィルターは乾きやすい。あっという間。

プラスチック製なので、直射日光に当てる時間は短い方がいいかな。

画像は無いが、フィルターを外している間、エアコンクリーニングスプレーを使って洗浄もした。

エアコンのフィンに吹きかけたスプレーの匂いが消える様、誰もいないときにでも、一度運転して置くことにしよう。

これで今年の夏の準備も万端だ。

おわりに

この方法をあみ出す前はキッチンシンクにて、雑巾で水拭きしながらホコリを取り除いていた。

でもホコリは中々取れず、やきもき。

水圧なら、ほぼ一発でホコリは取れてくれるので楽ちんだ。

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました