冬の部屋の観葉植物に「温室」は必要なのか

この記事は約2分で読めます。
冬の観葉植物

部屋の中で観葉植物の冬越え用に、ビニール温室やヒーターマットは必要なのだろうか。

鉢植え・水栽培など。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

屋外がマイナス気温でも部屋の中なら大丈夫

結論からいうと、わたしのケースでは、全く問題なく育っている。

その条件は以下の通り。

■気温について

  • 屋外の最低気温=マイナス5℃
  • 室内の最低平均温度=10℃

■観葉植物を置く場所・暖房使用時間

  • 自室(2階の西部屋)
  • 家の南側・窓辺・日当たり良好
  • たまに暖房器具を使う程度(夜中は無し)

■観葉植物の成長

  • 定期的に給水(夏場より頻度は低い)
  • 水は液体肥料入
  • 休眠期のもの・成長するもの

玄関の様な温度が低い場所は、どうかと思うけど、この条件なら全く問題なかった。

▼冬に玄関に置いていたサンスベリアがとろけてしまったことも。挿し木で命のバトンを継続中。

もちろん、ビニール温室・発泡スチロール箱・段ボール箱なども不使用。

▼以前、段ボール箱に入れて冬越をしたときの記事。

部屋で育てる観葉植物達

わたしが部屋で育てる観葉植物を紹介。

■土栽培

  • サンスベリア
  • ユッカ
  • ペディランサス
  • ハツユキカズラ

■水耕栽培(ハイドロカルチャー)

  • パーセノシッサス・シュガーバイン
  • プラティセリウム・ネザーランド
  • コーヒー・アラビアンカ
  • ハツユキカズラ

■挿し木・葉挿し

▼この挿し木したサンスベリアは家の北側の寒いトイレに置いている。

画像左側のハツユキカズラは休眠している様子。

  • サンスベリア
  • ユッカ
  • シュガーバイン

■液体肥料の効果

ペディランサスは液体肥料によってぐんぐん伸びて、葉は購入当初の様なピンク色で鮮やかになった。

おわりに

冬が始まるころ、わたしは「ビニール温室」と「植物ヒーターマット」などの暖房対策をするつもりだった。

でも経験から、おそらく冬越できるはず、と考えて何もしなかった。

観葉植物は基本的に10℃までは耐えられる、とわれているので、その程度なら暖房装置は必要なさそう。

ジャングル
スポンサーリンク
よろしかったらシェアして下さい
スポンサーリンク

スポンサーリンク
72ログ
タイトルとURLをコピーしました