少ないお小遣いでも使う時はシッカリ使うべき理由[日記]

この記事は約4分で読めます。
ダイソー・ツタヤ

必要な投資

今月使ったのは、3000円中、2591円。残409円でした。

今月は繰越金が少なかったのは、使うところに使ったからです。

▼前回の記事

本当に月3千円で過ごした2ヶ月目の記録【こづかい3千円・月記】

お金の使いみち『消費と投資』を自分なりに考える

誰が言ったか「お金は貯めればいいわけではありません。使ってこそ意味があるもの」は正にその通り。

今回、お小遣いの一部を消費ではなく投資として使いました。

園芸用に鹿沼土

■金額=298円

園芸用に使いました。

  • 趣味
  • ブログ
  • 癒やし
  • 増やせる

という理由になってます。

実際ブログ記事にできました。

けど、寒さで失敗です。

でも土なので後でつかえます。先行投資です。

440円=金具フック

■金額=440円

物置小屋内の整理整頓するために買いました。

しまってある物の出し入れがスムーズになると、

  • 取りやすい
  • 置き場確保
  • スッキリ

金具は錆びなければずっと使えるし、代替えも効く。

何といっても、「この整ったキレイな状態を崩したくない!」という、人として必要な在り方をGETできました。

他の分野にも広がることでしょう。

これも立派な投資です。

DVD-R

■金額=877円

DVDレコーダー内に録画した番組が溜まり残りわずか。

息子は映画やアニメが好きなので、後で見れる様に、コレと決めた作品を録画するために買いました。

  • レコーダー内の整理
  • 子供が喜ぶ
  • 子への愛情が湧く
  • 自分も嬉しくなる(メンタルヘルス)

レコーダーはいずれ壊れます。

ディスクに撮って置けば将来観れることでしょう。多分、

もしかしたら将来、息子が、最初に観た今の時代を懐かしむ。あるいは感動が蘇る。将来何かの力になることもあるかも知れません。

これも投資ではないでしょうか。

■小計1615円

やっぱり交際費は欠かせないのか?

交際費の内訳は

休憩タイムに飲んだ缶ジュース

■金額=300円

  • 会社の同僚との時間に使いました。
  • 水筒を忘れた
  • たまにはイイかも
  • おごっられぱなしって訳もいかない性分

がその内訳です。

3000円なだけに1割の300円って結構大きいです。

たかが100円って感覚でいると、気づいたら大きく失うのでしょう。

老後収入が無い時期の予行練習だと思う様にするのがコツ

「そんな考えでは駄目!守っては駄目!稼ぎ方教えます!」って考えもありますが、やはり水漏れを防ぐ方が先決。10年先まで使えるノウハウなどありません。

無理なお願いへの感謝の証

■金額=676円

愛車がちょっとしたハプニングがありまして、その助け舟的なことをしてくださった人へのお礼を込めて、お茶請けなどを買い届けました。

いづれ買うものですが先延ばし出来ました。最低でも2万円は浮いたはず。

子供達の成長と共に、何かと出費がかさむこの時期なので感謝です。

小計=976円

合計=2591円

残・繰越金=409円

収支記録はやっぱり手書きが一番

月末恒例となってきた収支記録。ですが今月は正確なデータがありません。

というのも、

  1. 必要に応じて複数の財布からお金を出し入れ。それを記録してない
  2. 家計簿アプリに具体的な内容は書かない

の2点のためです。

そしてお金の出どころは3つ

  1. お小遣い3000円からの支払い
  2. タンス預金からの支払い
  3. 妻からもらっての支払い(家族に使うため)

つまり、どのお金がどこに使って、どこに戻ったのか?正確にはあくできないでいます。

でも何とか成ったのはレシートがあったから。

レシートは取って置く

今回この記事が書けたのは、レシートを財布の出どころ別に保管していたからです。

もしレシートが無かったら円単位では書けませんでした。

実際、スマホアプリに打ち込んだ数字とレシートの金額に違いがあることを発見。

「卵は一つのカゴにに盛るな」の様に、いくつかに別けて記録するのが無難です。

2020/11お小遣い収支記録

おわりに

なので、

  1. レシートは必須
  2. 一つのアプリ内に複数財布を切り替えられるアプリを使う
  3. リアルでメモをとる

ことが大事。今月から対策をとることにします。

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました