「梅雨の晴れ間が芝刈りチャンス!でも面倒」先送りにしない心得

この記事は約4分で読めます。

芝刈りのタイミングを逃すと、後が大変ですよね。

 

「でも、いまはちょっとやる気がない・・」のもよくある感情です。

 

とはいえ芝は生き物です。放って置けばどんどん伸びてしまうでしょう。

 

今回わたしは、”いまやらないことのデメリット””いまやることのメリット”を考えてみましたよ。

 

芝は短い方が刈るのが楽。次の芝刈り予定日に晴れるとは限らない

「芝を刈るにはまだちょっと早いよね。今週末あたりがイイんじゃない」

 

とか、

 

「今日は天気もいい。芝ものびている。今を逃したら次いつ刈れるのか分からない。でも何か気が乗らない」

 

と考えて、今日の芝刈りを先送りにするとどうなるのでしょう。

 

いま”刈りたいタイミング”になっても芝は刈れない。

 

なぜなら梅雨だから。たとえいまその瞬間晴れたとしても、芝が濡れていては上手く刈れません。(草刈り機は濡れている方がいいらしい)

 

重い腰を上がるために考えたこと

梅雨の時期のきょう午前中から強い日差しで晴れました。芝の長さも刈りどきです。まだボウボウというわけではないでど今日がチャンス。

 

わたしは何でも先送りにする人間です。

 

庭を見て、「あ~今日芝刈りしないと次に刈るときは大変だろう。でも面倒」そう考えて今日のところはやめておこうとしてました。

 

けれど、いままでのイヤな経験を思い出してみたんです。

 

  1. 刈りたいときに限って雨ばかり
  2. 晴れると都合が悪い(仕事・用事)
  3. 芝が長くなりすぎて刈り取るのに時間が大幅にかかる
  4. なので2回に分けて刈る
  5. すると刈り遅れた箇所の芝が伸び放題
  6. 汚い芝庭の出来上がり

 

という悪循環になってしまうのがお約束のパターンです。

 

メリットも想像した。

 

  1. 今日は朝から晴れているから芝は乾いている
  2. 夕暮れどき日差しも弱く涼しい空気
  3. 芝の長さも短めだから早く終るだろう
  4. いましかないでしょ?
  5. 刈れるところまで刈ってみよう

 

そう考えて芝刈りをすることにしたのです。

 

早めに動けば結局は時短になる

今回、ほんとに早かった。いつも1時間以上かかるのに対して1時間もかからない。条件がよかったから。

 

しかも、刈り取った芝や雑草が芝刈り機の内部にからまるトラブルもありません。草がドライだから。

 

▼詰まるたびに機械を止め、中から草を取り出す作業がロスタイムになっている。それが無いってほんとうに楽です。

4月芝が生える前に草ぼうぼう!手押し電動芝刈り機で除草してみたら・・

 

▼雑草が少なかったのは、もしかしたら芝用除草剤の効果なの?

「芝除草剤」5月の庭でも間に合ったのか?薬散布12日後の様子

 

多年雑草の広がりも防げる

我が家には厄介なクローバーが生えています。

 

▼以前どうにか枯れないか試したことがありました。

庭のクローバーが超ウザイ!BBQのついでに根絶を試してみた

 

クローバーは放って置くとどんどん広がる性質です。そのままにして置くと、芝に日が当たらなくなり芝は枯れてしまう。

 

クローバーが広がってしまってから一気に刈り取ると、そこだけはげちゃいます。

 

そして土むき出しになった所に雑草が生えてしまうんですよね。

クローバーを根絶やし出来ないのなら、生えたそばから刈り取ってしまうしかありません。

 

今回、早めの芝刈りついでに、そんなクローバーも刈り取ることができました。

この調子で今年は管理しやすい庭造りをすすめていこうと思います。

 

おわりに

何事もベストなタイミングがあるものです。

 

「面倒だし、後でもいいや」そうやってヤルべきコトを先送りにするから問題になると再認識できたました。

 

まだまだ理想の庭には程遠いです。けれど、1つづつやるしかないでしょう。

タイトルとURLをコピーしました