【中間報告】レッドロビン病気から回復して生け垣は鮮やかな赤!

この記事は約2分で読めます。

鮮やかな新芽

最初に薬をまいてから今日までを数えると、約47日。真っ赤に染まるレッドロビンをむかえることとなりました。

初回からの記事を追ってみました。

早春からゴールデンウィークまでの過去ログ

【 第1回 】今年の3月17日に薬剤を散布

感染を食い止める

レッドロビンが病気で6月に薬剤散布。中途半端にサボった翌年3月の様子

生け垣の一本の樹がヤバイ状態で、そこから隣の樹に伝染している感じです。

葉は黒い点々になっていてパサパサになり枯れかけていました。

葉っぱはもちろんの事ですが、幹にもタップリ散布しています。残った液体は木の足元に流しかけています。

【 第2回 】3月27日(10日後)に薬剤を散布

病気なレッドロビンの株でも新芽は生える!今年2度目の薬剤散布

薬を最初にまいてから次に散布するタイミングが分からないので、10日後にまきました。

この時点での葉の様子は、病気の伝染は無かったです。

【 第3回 】4月8日(12日後)に薬剤を散布

レッドロビンの葉が病気で枝がスカスカ。今年こそは伝染病と怠け癖を直したい!

2回目の散布から12日後の葉の様子も、病気の伝染はありませんでした。

枯れ葉からも伝染すると言われています。なので風通もかね、落ち葉と雑草の除去。足元を綺麗にしてみました。

【 今回 】5月3日(26日後)何もせず見送り

 

 

目を丸くして厳密に葉を確認した結果。この時点に置いて、一枚も病気感染した葉はありませんでした。(*´ω`*)

3回目から26日もあいてしまったのは、わたし自身の都合と、晴れ間が続く日が無かったのが理由です。

でも、チョコチョコと葉の様子は見ていたけど、「大丈夫だ」と想像した通りに育ってくれて、本当によかったです。┐(´д`)┌ヤレヤレ

おわりに

実際、薬が効いたお陰なのか、そもそも感染した葉は越冬によって死んでしまい、その感染力は無かっただけなのか?は分かりません。

問題は、これからの時期。と言うのも、梅雨に病気感染しやすいと聞いているからです。

どうなるか未知数ですが、見守っていこうと思います。

レッドロビンの葉に黒い点々が!放って置いても大丈夫なのか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました