芝生にたまったサッチはレーキと大雨が綺麗にしてくれた

この記事は約3分で読めます。

そんな簡単じゃない

最近目に見えて芝生にサッチがたまって来ています。レーキでは切りがないのは重々承知ですが、「お前それでいいのか!」と自らに分からせるために、またサッチングをしてみました。

またこりずに、サッチをレーキでかきむしってみた

芝生を植えて早10年経過。メンテナスはほぼ芝刈りのみ。

ダストボックス付きの芝刈り機とはいうものの、100%刈り取った芝草を受け取ってくれるわけもなく、サッチは蓄積している現状です。

例によって、自作のカスタム熊手を使って、サッチングしてみました。

他にもどっさり取れましたが捨ててしまったので、この量になっています。

芝生が乾いている方がサッチは取れやすい」が個人的な印象です。

5月でもまだ間に合う?芝生のすき間に残った枯れ草を除去できるのかやってみた

前回と同じく今回も、レーキでサッチングすると、枯れ草が上にぴょんぴょん跳ね上がる割に、中々取れてくれません。

しかもココ最近は雨模様が続くため若干芝生は濡れ気味でして、枯れ草は芝生に引っ付いて取れにくい状況でした。

画像を見ても分かる通り、根本から上には、かき出せています。サッチの長さが短いせいか、レーキに引っかかりにくいことも考えられます。

納得がいく取れ具合になるのに、かかった回数を試しに数えてみたら30回でした。同じ場所を何度も引っかく作業は思いの外シンドイもの。

お金に余裕があって、なるべく苦労したくないって人は、「冬にガスバーナーで燃やす」か「サッチ分解剤」や「ブロアー(対象物を風の力で吸引する道具)」などの手段もあるそうです。

それと「目土を入れてサッチを自然分解する」って方法もあります。けどデメリットとしては、地面高さが上がってしまうことです。

▼芝生の高さは植えた当初よりも上がってしまうものです。

下準備をシッカリと!芝生を張る手順を知って綺麗な庭造り

翌日の様子

サッチングした日は、サッチング中に小雨になったのと、やる気が失せたので中断です。

いままでは、『決めたら何が何でもやる。その日で全部終わらす』思考でした。けど、『疲れない程度に。諦めて次に見送る』様にあえてしています。これもストレス対策の一つ。(^^♪

その後、雨が強くなりました。翌朝「もしや?」と思い、レーキでかいた場所を見に行くと案の定サッチは流されてました。

■Before

全く同じ場所を撮影しているわけではありませんが、サッチング前はこんなじでした。

■after

所々、空洞になっているのが分かるでしょうか?更に拡大してみましょう。

上がボウボウで中はスカスカです。外はカリッと中しっとり。(/・ω・)/

それでも、まだまだサッチは残されています。この隙間に目土や砂などを入れれば、そこに根が張り、新しい新芽が出るのでしょう。

サッチを除去する方法は色々ある様です。今回わかったのは、レーキで書き出したサッチは、強い雨に流されたということ。

もしかしたら、高圧洗浄機で一気に吹き飛ばせるかも知れません。ついでに土も飛ばされることは想定内でしょうけどね。

おわりに

いまのところ、レーキでコツコツやるしかないのは分かってはいるものの、精神的も肉体的にもキツイ作業なだけに、中々重い腰が上がりません。

コスパでもっと楽な方法はないものか・・

コメント

タイトルとURLをコピーしました