シフト勤務の私が「お昼から深夜までの勤務」をプチリーンゲインズ期間にした4つ訳

この記事は約5分で読めます。

朝はお茶で空腹を紛らわす

この記事の内容=午後~深夜までの働く人が対象。

  1. 食事の回数が増えてしまうタイプ
  2. ダイエットや内蔵を休めたい
  3. 家族持ちのシフト勤務者のマインド

になっている。

この記事のライフスタイルで、深夜寝る前にお腹が空かない様に出来るかも知れない。

わたしは断酒から筋トレが復活し、プチリーンゲインズを始める様になった。

食べ過ぎで吹き出物。プチリーンゲインズで内臓をリセット開始

食べ過ぎで吹き出物。プチリーンゲインズで内臓をリセット開始

一日で起きている時間が長いと食べ過ぎる

わたしはシフト勤務をしている。

  • A勤務=普通の朝から夕方まで
  • B勤務=お昼から深夜まで
  • C勤務=深夜から朝までの夜勤

通常このサイクルで生活している。

そしてわたしがプチリーンゲインズ期間に選んだのは「お昼から深夜のシフト」のとき。

理由は大きく分けると3つ。

  1. 食事の回数が増えてしまう
  2. 睡眠を優先させたい
  3. 深夜の寝る前に食事をしないため

【結論】深夜帰宅後に夜食を食べずにすむ方法

  1. 休憩時間(夕方頃)のお昼休みの食事をしっかり食べられる様な体内リズムにすること。
  2. そのため休憩時間(夕方頃)にお腹が空く様逆算し、約6時間前にしっかり食事を摂ってから出社すること。
  3. そのため出勤前にしっかり食事がとれる様、朝食を抜くこと。

そしてあまり食欲に対してガツガツしなくなる。

深夜帰宅後の就寝前に食欲が減る様になる。

すると結果、わたしは一日2食ですむ様になった。

更にプチリーンゲインズをやっているマインドが健康を意識。食べたい欲を抑えられる。

わたしはこの流れによって、食べ過ぎを抑えることが出来た。

では詳しく書いてみよう。

1. このシフトで生活すると、日に4回食事をすることになる

このシフトは深夜0時前に帰宅する。けどどうしても朝目覚めてしまう。

それは朝6時だったり、疲れ具合によっては8時にもなる。

そしてわたしは起きて直ぐにお腹が空く人だ。

もし6時に食べれば家を出るお昼前に2度目の食事ができ、休憩時間の6時ごろに丁度よくお腹が空く。

でも仮に8時に起きてから直ぐ1度目の食事をすると、家を出る12時にお腹はあまり空かない。

お昼に食べる量が少ないと、仕事の休憩時間になる前にお腹がペコペコになる。

だからかつてわたしは逆算で朝6時に食事を摂るためにわざわざ早寝早起きしていた。

そうなると朝、昼、夕、深夜の4回食べ物を摂取。

そしてわたしの場合、朝しっかり食べると、こまめにお腹が空く様になる。

そして深夜帰宅後もお腹が減ってしまうから悩んでいた。

これのライフスタイルを変えたかったのが1つ目の理由だ。

2. 仕事で頭を回すため睡眠時間は欠かせない

わたしの仕事はある意味グループで切り盛りする内容でもある。

自分のペース次第で仲間の足を引っ張ることになるから、どうしてもちゃんとして置きたい願望がある。

このシフトだと、前日寝る時間は0時~1時。

もし朝食を摂るために早起きすると睡眠時間が減ってしまう。それは避けたかった。

わたしは食事も大事だけど睡眠時間はもっと大事だと思っている。

なぜなら人は寝てるときに身体を回復する仕組みがあるからだ。

なので睡眠を優先したいスタイル。

3. こまめに食べることも有りだけど・・・

人が日に3食摂る様になったのは人類の歴史上、つい最近のことだという。

考えてみれば分かるけど、原始時代、毎日決まった時間に食事を摂るのは考えにくい。

狩りがうまくいかない日もある。木の実を見つけて食べる。出たとこ勝負。

だからこまめに食べるのは理にかなっていると個人的にはそう思う。

もし睡眠を優先してみると。

朝8~9時の朝食を摂ると次の食事の時間は18時~19時の間。

つまり9~10時間何も食べないで仕事をすることになる。

途中お菓子を食べる人も居るがそれは不健康。かといって自分だけ休憩にする訳にもいかない。

だから家を出るときしっかり食べる必要がここにある。

4. シフト勤務者と家族との関係

かりに朝9時頃ブランチを摂るとする。

そして休憩時間前(15時頃)にお弁当を食べれば、深夜帰宅後お腹が減るから寝る前に食事を摂ることになり不健康。

では直ぐに寝ないで、朝の3時まで起きればいいけど、それはしたくない。

完全に家族とすれ違ってしまうからだ。子供達の様子も見たいしね。

寝るわたし気を使うだろうし、妻も食事に関して頭を悩ませていることだろう。

ただでさえシフト勤務は家族に迷惑をかけているから、出来るだけ通常のライフスタイルにしたい願望もある。

もちろん独身で家族と同居する人も同じだと思う。

そんな分けもあり、朝食べないことで、一日2食でこのシフトをやることにした。

そして知ったのがプチリーンゲインズ。

空腹時間を16時間にし、食べてもイイ時間を8時間にするやり方だ。

内蔵などを休める意味合いも込めて取り組む様にした。

そして今後、自分に合ったあり方を模索することにする。

おわりに

プチリーンゲインズを取り入れて、一番のメリットは、

このシフトでのお昼休み(18~19時)に、しっかりお弁当+プロテインを摂取することで、深夜帰宅後にお腹が減らなくなったこと。

断酒中もあり、晩酌欲もすっかり失った。

これ以上のメリットは無いだろう。

【筋トレ後の飲酒】はマッチョ効果を減らし体が老ける行為

【筋トレ後の飲酒】はマッチョ効果を減らし体が老ける行為

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました