【生け垣シルバープリペット】11月でも葉の虫食いはある

この記事は約2分で読めます。

11月5日。日中の気温はまだ高い日が続くが、朝夕の気温は下がってきた秋本番。

そんな中でも虫は活動をしている。

来年に誕生する害虫を減らすためにも駆除したいものだ。

犯人は土の中?

早朝、何気にシルバープリペットを見ると虫食いを発見。

黒い点々は恐らく虫さんのフン。

樹の真下に生えた雑草の葉にも虫食いとフンがコロコロと。

辺りを見回しても犯人は見当たらない。きっと土の中。

いったい誰なのか?はさて置き、これ以上被害を広げないために樹をガードすることに。

もしかしたら、コガネムシの幼虫かも知れない。

秋のコガネムシ対策で来年の被害を未然に防げる?

水和剤で樹を消毒。殺虫剤で予防

今回もこの2つが出番。

  1. 水和剤
  2. 殺虫剤

1)粉状の水和剤を水で割ったのを葉っぱに噴射。直接虫食いを防ぎ、

2)顆粒(かりゅう)の殺虫剤を地面にばら撒いて、根から殺虫成分を吸収。時間差で内側から木をガード。

この2つの方法で葉を食べさせないようにする。

▼カイガラムシを撃退したときも使用。

【害虫駆除】庭木に白いネバネバとアリの大量発生は「カイガラムシ」

100円ショップの霧吹きは意外と調子いい

以前、我が家の生け垣レッドロビンが伝染病になった。

なのでホームセンター的なお店で1リットルの容器のスプレーを買った。

(1リットル容器では多いので500mlのペッドボトルに付け替えて使用)

最初、この調子が悪いスプレーを使ったが、ブシュブシュと泡しか出ない。

しかたなく観葉植物用に買った100円ショップの霧吹きを使うことに。

実際使ってみたら、いい具合に霧がシュワ〜。広範囲に散布できた。

レバーを押すといい具合に重く、おもちゃ感は全くない。

もしこのクオリティが来年も続くとしたら、かなりコスパだ。

室内用の霧吹きをまた買いに行かないと。

おわりに

シルバープリペットの生命力は強いので放って置いても大丈夫だけど、

虫にエサを与えないためにやりました。

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました